Amazonフレックスのオファーが取れない!取るコツはある?

Amazonフレックス オファー 取れない

「Amazonフレックスのオファーが取れない!」と悩んでいる方は多いと思います。実際、配達員仲間からそんな声を聞くことは少なくありません。

そこで本記事では、Amazonフレックスでオファーを取るコツを紹介します。

パターンとコツが分かれば、今までよりも楽にオファーが取れますよ。ぜひ最後までじっくりとお読みください。

Amazonフレックスのオファーが取れない?配達員の声

そもそも、Amazonフレックスのオファーが取れないと感じている配達員の方は多いのでしょうか?Amazonフレックスで働く配達員の声を調査しました。

このように、多くの配達員がAmazonフレックスのオファーが取りづらいと感じているAmazonフレックスのオファーが取りづらいと感じている配達員の方は多いことが分かりました。

では、どうしたらオファーを取りやすくなるのでしょうか?以下で、オファーを取るコツを解説します。

Amazonフレックスのオファーには規則性がある!

Amazonフレックスのオファーには「通常オファー」と「アーリーアクセス(優先オファー)」があり、どちらも規則性を持って出現します。それぞれ詳しく見ていきましょう。

通常オファー

通常オファーは、Amazonフレックスで働く配達員全員に公開されるオファーです。

基本的には、稼働日時のちょうど1週間前に公開されます。

「3月9日14時」のシフトを取りたければ、ちょうど7日前の「3月2日14時」にオファー画面を開いている必要があるということです。

なかなかオファーが取れない方は、希望日時のちょうど1週間前を狙ってみましょう。

アーリーアクセス(優先オファー)

アーリーアクセス(優先オファー)とは、稼働状況が良い配達員のみに公開されるオファーのことです。配達完了率が高い・配達ミスが少ない・稼働頻度が高い配達員は、アーリーアクセス(優先オファー)の対象者になりやすいようです。明確な基準は発表されていません。

また、Amazon側からの告知はなく、突然適用されたり適用が外されたりするので、細かくチェックする必要があります。

アーリーアクセス(優先オファー)の対象者は、最大30日後までのオファーを優先的に獲得可能です。1週間前に公開される通常オファーと比べると、好きな時間帯を選びやすくなります。

Amazonフレックスのオファーを取るコツ

通常オファーが公開される日時には、他の配達員もオファー獲得を狙っています。

他の配達員に勝ち、確実にオファーを取るためには、以下のコツを実践してみてください。

ステーションにフィルターをかける

オファーをいち早く取るためには、ステーションにフィルターをかけましょう。Amazonフレックスのアプリでは、複数のステーションのオファーが一緒に表示されるからです。希望するステーションを探している間に、他の配達員がオファーを取ってしまいます。

希望のステーションのみが表示されるようにフィルターをかけておけば、他の配達員よりも早くオファーに辿り着けるでしょう。

時間帯を問わず、とにかくオファーを取る

オファーを確実に取るためには、稼働する時間帯を選んでいる暇はありません。

とにかく空いているオファーを先に獲得し、オファーに合わせて生活する方が簡単です。連勤が続いたり、時間帯が不規則になったりというデメリットもありますが、オファーが取れずに働けないよりはマシですよね。

オファーの競争率が低いステーションで働く

オファーの取りやすさはステーションごとに異なります。オファーを取るのが苦手な方は、競争率が低いステーションで働くのも一手です。競争率の高さは、オファー画面を見ればなんとなく分かります。日々観察し、穴場を見つけてみてください。

アーリーアクセス(優先オファー)の対象者となる

アーリーアクセス(優先オファー)の対象者となれば、「オファーが取れない」という悩みもなくなります。配達完了率や配達ミス・稼働頻度を意識して働きましょう

アーリーアクセス(優先オファー)の対象者になるまでは、上述した方法でなんとかオファーを取るしかありません。希望通りに働くのは難しいかもしれませんが、いつかスワイプ合戦から抜け出せると信じて、丁寧に配達を進めることが大切です。

正直、Amazonフレックスのオファーは取りづらい

ここまでオファー獲得のコツについて解説してきましたが、正直、Amazonフレックスのオファーは取りづらいです。たくさんの配達員が同じオファーを狙ってスワイプし、最もスワイプの早かった方のみがオファーを獲得できます。ほとんど運といっても過言ではありません。

働く時間・場所が不確定で、ましてや1週間後に働けるかどうかすら分からないのは、少し不安定すぎると思います。精神的な負担も大きいです。

ですから、Amazonフレックスのオファーが取れずに悩んでいる方は、働くフィールドを移す方が得策だと考えます。

例えば、同じ配達員としてフードデリバリーで働くのはどうでしょうか。好きな時間・場所でいつでも稼働できるので、オファーを勝ち取る必要はありません。それだけでもかなり楽になります。

さらに、配達ノルマがないため肉体的・精神的な負担も軽くなります。ノルマ達成のために急がなくて良いので、自分のペースで働けます。

実際に、Amazonフレックスからフードデリバリーに移って良かったという方は多いです。

🥫=出前館

今では報酬が高いフードデリバリーも多いので、一度さまざまなサービスを比較すると良いでしょう。

以下の記事では、人気のフードデリバリーの報酬や特徴を比較しています。より良い環境で働きたい方は、ぜひ参考にしてみてください。