Amazonフレックスでクビになった?!原因5つと対処法

Amazonフレックス クビ
たかしくん

Amazonフレックスでクビになったらどうしよう…

れいこちゃん

クビになる原因って何なの?

このようにお悩みのあなたへ向けて、Amazonフレックスでクビになる5大原因を紹介します。

クビを避けたい方・クビになった原因を知りたい方はぜひ参考にしてください。

Amazonフレックスでは一方的な「クビ」が増えている

2021年11月、Amazonフレックスで働く男性が一方的に契約解除を通知されたことが東京新聞のニュースで取り上げられました。
「身に覚えのないミスをクレームで指摘されたのち、Amazon側から契約終了メールが届き、働き先を失った」という内容です。

このニュースにもある通り、Amazonフレックスでは一方的なクビが増えています。しかし、クビの宣告は一方的とはいえ、原因が明確な場合も多いです。

以下で、クビとなる原因を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

Amazonフレックスでクビになる主な原因5つ

Amazonフレックスでクビになる原因は、主にこの5つが挙げられます。

  • 欠勤・遅刻・24時間以内のキャンセルが多い
  • 未配が多く、配達完了率が低い
  • 誤配が多い
  • 何度もクレームが入る
  • 置き配指示や時間指定を破る

1つずつ詳しく解説します。

欠勤・遅刻・24時間以内のキャンセルが多い

欠勤・遅刻は、Amazonフレックスだからダメというわけではなく、どんな仕事でも許されないことです。

欠勤すると、その日お届け予定だった100個程度の荷物を配達できなくなってしまいます。また、遅刻をすると、お客様から指定されていた時刻に荷物を届けられません。

このような事態を何度も起こされると、クビ宣告をされても仕方ないです。

同じような理由で、24時間以内のキャンセルが多い配達員も評価が下がり、クビの対象となってしまいます。配置していた人員が急遽欠如したら、配達スケジュールが崩れてしまいますからね。

Amazonフレックスで働き続けたい方は、大前提として稼働スケジュールを守るようにしましょう

未配が多く、配達完了率が低い

未配が多く、配達完了率が低い方もクビの対象となりやすいです。Amazon側から明確な基準は発表されていませんが、大体以下にあてはまる方には警告が届くようです。

  • 1回の配達で5個以上の未配がある
  • 配達完了率が90%を下回る

1回あたりの配達ノルマは100件前後ととても多いですが、工夫をして配達しきらなければなりません

誤配が多い

配達先を間違える「誤配」が多い方も注意が必要です。

荷物を玄関先で直接渡す場合は、誤配をしてもその場で気づけますが、置き配の場合は誤配に気付けません。

誤配を減らすためには、配達完了時に住所や名前が合っているかきちんと確認し、正しい配達先に荷物を届けることが大切です。

何度もクレームが入る

お客様からのクレームが多い配達員はクビになりやすいです。サービス満足度を下げる要因となってしまうので仕方ありません。

クレームがあると、「お客様からクレームがありました」という内容のメールが届きます。個人情報の観点からクレームの詳細を知ることはできませんが、警告が届いた際には、以下にあてはまる行動をしていなかったかチェックしてみてください。

  • 勝手に置き配をする
  • 配達時刻を守らない
  • オートロックのエントランスを突破して玄関前まで来る
  • 品物を劣悪な状態で届ける
  • お客様対応が悪い

置き配指示や時間指定を破る

上述でも少し触れましたが、置き配指示や時間指定を破るとクビの可能性が高まります。

置き配指示がないのに勝手に品物を置いていったり、置き配指示があるのにインターホンを鳴らしたりしてはいけません。事情があって配達方法を指示しているのですから、必ず守りましょう

また、時間指定を守らないのもNGです。お客様は、スケジュールを調整して荷物の配達時間を指定しているので、それは守る必要があります。

その他の原因

当然ですが、飲酒運転や交通ルールの無視など、法律違反となることももちろんクビの原因となります。

また、配達していないものを配達完了としたり、荷物を盗んだりなど、配達に関する不正も絶対にしてはいけません。クビになるかどうか以前に、人として許されない行為です。

Amazonフレックスは、一度クビになっても復帰できる可能性がある

Amazonフレックスは、一度クビになっても復帰できる可能性があります。クビに納得できない場合は、サポートセンターにメールして異議を唱えましょう。

ただし、冒頭で紹介したニュースにもある通り、異議申し立てが通らない可能性もあります。

そのような場合は、泣く泣くクビを受け入れるしかありません。運営側と直接合って話すことはできないため、メールで納得してもらえなければ、それ以上できることはないのです。

クビはもう懲り懲りなあなたへ

「Amazonでクビを宣告されてもう疲れた…」「クビに怯えながら働くのは嫌だな…」とお考えの方は、Amazonフレックス以外のサービスで働いた方が良いかもしれません。

個人事業主の配達員として働く方法は他にもたくさんあります。

例えば、フードデリバリーサービスで働くのも一つの手段です。運営からのサポートが丁寧で、働きやすいサービスは増えてきています。

大手の出前館は各配達拠点で社員へ気軽に相談ができますし、Woltのサポートセンターはは1分以内にチャットの返信をくれます。

このように、ストレスなく働ける仕組みが整っているフードデリバリーサービスは多いです。

Amazonフレックスに疲れた方は、これを機にフードデリバリーサービスへフィールドを移してみてはいかがでしょうか。