アマゾンフレックスのアーリーアクセスとは?メリット・なり方

Amazonフレックス アーリーアクセス

アマゾンフレックスが2021年5月に導入した制度「アーリーアクセス」。

存在は知っていても、詳しい内容を知らない方は多いのではないでしょうか。

本記事では、アマゾンフレックスのアーリーアクセスについて徹底解説します。

概要やなり方・メリットを知りたい方はぜひ最後までお読みください。

アマゾンフレックスのアーリーアクセスとは

Amazonフレックス アマゾンフレックス アマフレ

アーリーアクセスとは、最大30日後のオファーを優先的に獲得できる権利のことです。

通常は最大7日後までのオファーしか確認できませんが、アーリーアクセスの対象者は最大30日後のオファーを確認できます。

早めにオファーを獲得できるので、毎日スワイプ合戦をする必要はありません。余裕を持って、自分の働きたい時間を選択できるのです。

このような魅力があるアーリーアクセスですが、対象者になるにはどうしたらよいのでしょうか?以下で解説します。

アマゾンフレックスのアーリーアクセス対象者になる方法

アーリーアクセス対象者になるための明確な基準を、アマゾンフレックスは掲示していません。

アマゾンフレックス側から公表されているのは、「配送品質・アカウントの信頼性・安定したオファーの受託・稼働状況を基準に判断している」という情報だけです。

これらの情報を基に、アーリーアクセスの対象者となるポイントを考えてみました。

配送品質

配送品質で見られるのは、以下項目ではないかと考えます。

  • 配達完了率
  • 未配・誤配の数
  • お客様からのクレーム
  • 置き配指定・時間指定の遵守

アーリーアクセスの対象者になりたいのであれば、決められた数の配達を正確にこなし続ける必要があります。

アカウントの信頼性

アカウントの信頼性では、遅刻・欠勤の数や、24時間以内のキャンセル数を見られることが推測できます。

遅刻・欠勤はしないのが当然ですが、24時間以内のキャンセルはしてしまう方が多い印象です。割増オファーに気を取られてキャンセルを重ねてしまうと、アーリーアクセスの権利は獲得できないので注意してください。

安定したオファーの受託

アーリーアクセス対象者になるためには、オファーの受託頻度を安定させる必要があります。

アマゾンフレックス側の視点で考えると、定期的に働いてくれる配達員を優先したくなるのは当然でしょう。

アーリーアクセスの権利がほしいのであれば、できるだけ高頻度で稼働を続けることをおすすめします。

稼働状況

アーリーアクセスになるための基準として、稼働状況も挙げられます。

これは明確に公表されているわけではありませんが、週に40時間以上稼働している配達員はアーリーアクセスの対象者になりやすいようです。1日8時間の配達を5日間続ければクリアですね。正社員並みの労働時間にはなりますが、アーリーアクセス対象者になりたいのであれば頑張るしかありません。

アマゾンフレックスのアーリーアクセスのメリット

アーリーアクセスの権利を獲得できれば、スワイプ合戦に巻き込まれることなく好きな時間に働けます

また、1ヶ月先の予定まで確定させられるため、プライベートの予定も立てやすいでしょう。稼働時間と報酬が1ヶ月前から分かるので、生計も立てやすくなります。

ただし、アーリーアクセスにこだわりすぎると過労になる可能性も少なくありません。配達品質にこだわりながら、週40時間以上の稼働を続けなければならないからです。

気軽に働きたい方からすると、アーリーアクセスはかえって足かせになるとも考えられます。

アマゾンフレックスのアーリーアクセスは剥奪される可能性がある

上記で説明した4項目をきちんと行っていても、アーリーアクセスの権利は剥奪される可能性があります

公式から正式な基準が発表されていないため、いつどんな理由でアーリーアクセス対象者から外れるかは分かりません。

もちろん、稼働を続けていればアーリーアクセスの対象者に戻れる可能性もあります。

しかし、明確な基準が分からないまま闇雲に働き続けるのはかなり苦しいです。

アマゾンフレックスのアーリーアクセスにこだわり続けるよりは、他のサービスで気楽に働いた方が精神衛生上良いのかもしれません。

他のサービスで気楽に働くことも視野に入れよう

「アマゾンフレックスのアーリーアクセスを目指すのが大変…。」「アーリーアクセスから外れるのが怖い…。」という方は、他のサービスで働くことも視野に入れてみましょう

同じ配達員として働くのであれば、アマゾンフレックス以外にも手段はあります。例えば、フードデリバリーの配達員です。

出前館・Uber Eats・Woltなどサービスの種類が豊富で、稼働形態や報酬などはそれぞれ異なります。そのため、自分に適したサービスを見つけやすいでしょう。

以下の記事ではおすすめのフードデリバリーサービスを5つ紹介しています。各サービスの特徴やメリット・報酬に触れているので、ぜひ参考にしてみてください。稼ぎやすいサービスが多いので、アマゾンフレックスよりもおすすめです。