デリバリーバイトはきつい?メリットやデメリットも紹介

配達を行う男性

デリバリーバイトをしたいと考えている方のなかには以下のような疑問がある方もいるのではないでしょうか。

「デリバリーバイトはきついのか」

「デリバリーバイトに楽なところはあるのか」

デリバリーバイトはきついと言われることがあります。確かにきつい一面もある一方で、他のアルバイトと比べると楽な面もあります。これからデリバリーバイトを始めようと思っている方は、デリバリーバイトのきつい面と楽な面の両方を知っておきましょう。

本記事では、デリバリーバイトのメリットとデメリットの両方を紹介し、きついデリバリーバイトの見分け方についてもご紹介します。デリバリーバイトを始める前に本記事を読んでおくと、デリバリーバイトに対する理解が深まるでしょう。

デリバリーバイトがきついと感じる理由

配達を依頼する女性

デリバリーバイトがきついと感じる理由として、天候に左右されることや、体力的に疲労しやすいことなどが挙げられます。しかし、仕事のきつさの感じ方は個人差があるので、必ずしも全ての人に該当するわけではありません。

ここでは、デリバリーバイトがきついと感じる主な理由を4つ紹介します。

天候の影響を受ける

デリバリーバイトは、バイクや自転車による屋外移動を行う仕事のため、雨・雪・風などの影響を受けます。雨が降っている日や雪が積もっている日も配達をしなければならず、きついと感じることは当然ながらあるでしょう。

しかし、アルバイトではなく業務委託の場合は、働く日を自由に選べるので天気が悪い日は配達業務を休むことも可能です。業務委託の場合、仕事を休むと収入は減りますが、どうしても仕事をしたくない日は自由に休めることも知っておきましょう。

体力的に疲労しやすい

デリバリーバイトは体力的に疲労しやすく、自転車で配達する場合は特に体力を使います。肉体労働に該当するので、体力が乏しい人はきついと感じることがあるでしょう。

しかし、デリバリーバイトはバイクを使用することも可能なので、自転車ではなくバイクを使うと疲労は軽減します。バイクの免許を持っている方は、体力を消耗する自転車ではなく、楽に配達ができるバイクを使うことも検討しましょう。

配達時間を意識するためプレッシャーを感じる

デリバリーバイトは配達時間を意識する必要があります。そのため、お客様が待っているので遅れてはならないというプレッシャーからきついと感じることがあります。

お客様の立場で考えると、一刻も早く届けて欲しいと思うのは当然です。しかし、配達時間を意識するあまり、交通事故を起こしてしまうと取り返しのつかない事態になるので、プレッシャーを感じても焦らずに安全第一で配達業務を行うことが大切です。

道を覚えるまで時間がかかる

デリバリーバイトは道を覚えるまでに時間がかかるので、慣れるまではきついと感じることがあるでしょう。配達エリアに関して、全く土地勘がないと道を覚えるまでは大変ですが、配達エリアは決まっているので、毎日配達業務を行うことで自然と道は覚えるでしょう。

また、スマートフォンのナビゲーション機能を活用すると、配達先の近くまではたどり着けるので、工夫をすることで目的地まで容易に移動できるようになります。

デリバリーバイトが楽だと感じる理由

デリバリーバイトはきつい一面もありますが、他のアルバイトと比べると楽な面もあります。慣れると仕事が楽に思えてくることもあるため、仕事を楽しみながらしっかりと稼げるようになるでしょう。ここでは、デリバリーバイトが楽だと感じる理由を4つ紹介します。

忙しい時は時間が過ぎるのが早い

忙しい時は時間が過ぎるのを早く感じる方もいるでしょう。デリバリーバイトは時期によって配達が多く忙しいため、時間が過ぎるのを早く感じることがあります。

時間の経過が早く感じる理由として、集中して仕事を行っていることが挙げられます。特にランチタイムや夕方から夜にかけての時間帯は忙しくなる傾向があり、休憩することも忘れて仕事に没頭することもあるでしょう。しかし、一日中忙しいわけではなく、暇な時間帯もあるので、その時はゆっくりと休めます。

デリバリーバイトはメリハリのある仕事であり、仕事のリズムに乗ると楽に感じられるようになるでしょう。

配達がない待機時間は自由に過ごせることもある

デリバリーバイトは、配達がない待機時間は自由に過ごせることがあります。業務委託の場合は、配達がない待機時間は基本的に何をしてもよいため、自宅に帰って休んだりカフェでコーヒーを飲みながらくつろいだりと自由に過ごせます。資格取得を目指している人は、待機時間を利用して勉強をすることもでき仕事と勉強の両立が図れます。

デリバリーバイトは一日中働き詰めのアルバイトに比べると楽に感じられるので、一日中働き詰めのアルバイトをきついと感じている人は、デリバリーバイトがおすすめです。

一人行動が多く気楽に働ける

デリバリーバイトは一人での行動が多いため、煩わしい人間関係などで悩むことは少なく気楽に働けます。デリバリーバイトの業務は配達がメインであり、バイクや自転車で移動する時間が長く人と接する機会が少ないという特徴があります。

人と接するのは店舗で料理を受け取る時と、お客様に受け渡す時だけであり、それ以外は基本的に一人での行動が続きます。そのため、デリバリーバイトは一人での行動が好きな人には最適な仕事でしょう。職場の人間関係などで悩んでいる人にもデリバリーバイトはおすすめです。

仕事内容を覚えやすい

デリバリーバイトは業務内容が限定されており、仕事内容を覚えやすい点では他の仕事に比べると遥かに楽でしょう。デリバリーバイトの仕事内容は、配達依頼が入ると店舗に移動して料理を受け取り、それをお客様に届けることを繰り返します。

配達エリアはあらかじめ決められているので、土地勘がない場合も慣れると道を自然と覚えられます。道を覚えるとスムーズに配達できるようになり、一層楽になってくるでしょう。簡単なオペレーションで気軽に働きたい人にデリバリーバイトは向いています。

デリバリーバイトのメリット

配達を行う笑顔の女性

デリバリーバイトはきつい面もありますが、仕事をしながら運動不足を解消できるなどデリバリーバイトならではのメリットがあります。働くことを検討している方は把握しておきましょう。

ここでは、デリバリーバイトのメリットを7つ紹介します。

時給が高めに設定されている

業務委託ではなく直接雇用のデリバリーバイトは、他のアルバイトと比較すると時給が高めに設定されています。デリバリーバイトの時給が高めに設定されている理由として、コロナ禍などでフードデリバリーの需要が高まっており、配達員の人手不足が深刻になっていることが挙げられます。

デリバリーバイトは時給が高いだけでなく、配達先のお客様からチップをもらえることもあり、他のアルバイトではあまりない臨時収入も得られます。

運動不足を解消できる

普段から運動不足の方は、自転車を使用してデリバリーバイトをすると仕事をしながら運動不足を解消できます。自転車の運転は、体脂肪を燃焼させる有酸素運動であるため、ダイエットにもつながり肥満気味の人は健康的に痩せられます。

余分な体脂肪を落とすことで生活習慣病の予防にもなり、健康を促進させたい人には最適なアルバイトです。また、配達中に日光を浴びることで自律神経のバランスが整い、心身の健康によい影響を与えられることもメリットでしょう。

まかないや社割があり食費を節約できる

デリバリーバイトは料理を届けるフードデリバリーの仕事のため、勤め先によっては、まかないや社割、食事補助があります。まかないや社割、食事補助があると食費を節約できるので、お金を貯めたい人には大きなメリットでしょう。

一人暮らしをしている人は自炊の手間も省け、バランスの整った食事ができます。なお、全ての勤務先でまかないや社割、食事補助があるとは限らないので面接の際に確認しておきましょう。

未経験でも採用されやすい

フードデリバリー業界は人手不足が深刻になっており、デリバリーバイトに応募すると未経験でも採用されやすい傾向があります。バイクや自転車の運転ができれば問題なく採用されることが多く、特別なスキルや資格がなくても問題ありません。

ただし、バイクで配達をしたい場合は原付免許が必要です。面接の際は身だしなみを整えるなどの基本的なマナーは必要ですが、難しいことを質問されるようなことはなく社会人としての常識があれば突破できるでしょう。

人と接することが苦手な人に向いている

デリバリーバイトは人と接することが苦手な人にも向いており、ニート生活を続けていた人も社会復帰のきっかけとして働くことも可能です。職場の人間関係などに悩み、転職を繰り返していた人も、デリバリーバイトであれば長く続けられるでしょう。

ただし、店舗で料理を受け取る時や、お客様の元に料理を届ける時は、きちんと挨拶をして失礼のないように接することが大切です。最初は緊張しても徐々に慣れるでしょう。

頑張った分だけ稼げる

業務委託の場合は、頑張った分だけしっかりと稼げます。業務委託は完全歩合制なので、配達件数に比例して収入も増えるのが特徴です。会社によっては、一定件数の配達を達成するとインセンティブが支給されることもあり、さらに収入を増やせます。

また、業務委託は自由なワークスタイルで働くことができ、待機時間を利用して他のデリバリーバイトを掛け持ちしたり、副業をしたりすることも可能です。

自分のライフスタイルに合わせて自由に働ける

業務委託の場合、シフト制ではないため時間に縛られず好きな時だけ自由に働けます。仕事を休みたい時は自由に休むことができ、自分のライフスタイルに合わせて自由に働くことが可能です。しっかりと稼ぎたい場合は、午前中から夜遅くまで働くこともでき、あらゆることを自分の裁量で決められます。

時間に縛られたり、人から命令されたりすることが苦手な人は、業務委託によるデリバリーの仕事が向いています。

デリバリーバイトのデメリット

デリバリーバイトを行うことで、さまざまなメリットが得られますが、デメリットもいくつかあります。デリバリーバイトを始める際は、デメリットについても知っておくことが大切です。ここでは、デリバリーバイトのデメリットを3つ紹介します。

待機時間が長い場合がある

デリバリーバイトは、時間帯によって待機時間が長くなることがあります。業務委託で働く場合、待機時間は収入がないため、待機時間の過ごし方を考えておきましょう。

特に、ランチタイムが終わってから夕方にかけての時間帯は配達依頼が少なく、待機時間が長くなる傾向があります。しっかりと稼ぎたい人は、待機時間は他のデリバリーバイトを掛け持ちするなどの対策を行いましょう。

交通事故のリスクがある

デリバリーバイトはバイクや自転車による道路での移動がメインであるため、交通事故には十分注意することが大切です。過去には、デリバリーバイト中に死亡事故を起こした事例もあります。交通事故を起こしてしまうと取り返しのつかない事態になってしまうため、安全に運転するようにしましょう。

また、交通違反についても同様に注意が必要です。配達をする際は道路交通法を守り常に安全運転を心がけ、急いでいる場合も気持ちに余裕を持って安全第一を徹底しましょう。

収入が安定しづらい

業務委託の場合は、収入に波があり安定しづらい傾向があります。フードデリバリーは時期や時間帯によって需要が変動するため、配達依頼が少なくなる時期や時間帯が存在します。

収入を安定させるには、配達件数を増やしたり副業をしたりするなどの対策を講じなければなりません。収入が少ない場合は、他のデリバリーバイトを掛け持ちするなどの対策を講じましょう。

きついデリバリーバイトかどうかの見分け方

紙袋を受け渡す男性

デリバリーバイトは勤務先によって、仕事のきつさが異なります。デリバリーバイトを始める際は、アルバイト先の業務がきついのかどうかを見極めることが大切です。ここでは、仕事のきつさを見極めるためのポイントを解説します。

デリバリー以外の業務の有無を確認

デリバリーバイトの多くは料理の配達がメインですが、アルバイト先によってはキッチンやホール業務など、デリバリー以外の業務もしなければならない場合があります。

キッチンやホール業務があると覚えることが多く大変です。きつい仕事を避けたい場合は、デリバリー業務がメインのアルバイト先を選びましょう。また、車両管理を自分自身でしなければならないと、車両のメンテナンスなどの業務が増えてきついと感じるので車両管理を誰が行うのかも確認しておきましょう。

時給や報酬を確認

アルバイト先を選ぶ際、直接雇用の場合は時給、業務委託の場合は歩合給を必ず確認しておくことが大切です。時給や歩合給が低いと精神的にきつく感じるので、デリバリーバイトをする際は、できるだけ時給や歩合給が高いアルバイト先を選びましょう。

同じ業務をするのであれば、時給や歩合給が高いほど労働生産性も高くなります。効率よく稼ぎたい人は、応募をする際に時給や歩合給を比較して、少しでも条件がよいアルバイト先を選びましょう。

バイクの貸し出しなどを確認

アルバイト先を選ぶ際は、バイクや自転車の貸し出しの有無についても確認しておくことが大切です。バイクや自転車の貸し出しを行っており、車両管理も会社で行ってくれるのであれば、車両メンテナンスの業務がなくなるので仕事が楽になります。

自分のバイクや自転車を使用する場合は、自分自身でメンテナンスをする必要があり、ガソリン代の負担も生じます。デリバリーバイトに応募をする際は、バイクの貸し出しや車両管理の有無などを必ず確認しておきましょう。

働きやすい環境が整っているか

デリバリーバイトをする際は、働きやすい環境が整っているかを確認することも大切です。デリバリーバイトでは専用アプリを使用しますが、専用アプリの操作性が悪いとスムーズに配達できなくなるので、専用アプリの操作性についても確認しておきましょう。

また困ったことがあった場合は、拠点スタッフに気軽に相談できるなどサポート体制についてもチェックしておくと、安心して仕事ができます。

まとめ

配達を行う帽子をかぶった女性

デリバリーバイトは、配達業務がメインなので他のアルバイトと比較するときついと感じることは少ないでしょう。しかし、仕事のきつさはアルバイト先によって異なるため、労働条件がよいアルバイト先を選ぶことが重要です。

また、仕事のきつさだけでなく、自分の生活や求めるものにあったデリバリーサービスで働くことも大切です。出前館やUber Eatsをはじめとしたデリバリーサービスの違いについて詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。