ウーバーイーツで有利なのはバイク?自転車?双方のメリットとデメリットを解説します

都市部の街中を見渡すと、ウーバーイーツのロゴが入った黒いバッグと、それを持って自転車やバイクで颯爽と移動する配達員の姿を見かけることが増えたのではないでしょうか。彼らはウーバーイーツの「配達パートナー」と呼ばれる仕事を行っているのですが、バイクを使うか、それとも自転車を使うかは個人の裁量次第です。

それでは、ウーバーイーツの配達に向いている機材はバイクなのでしょうか?それとも自転車なのでしょうか。双方のメリットとデメリットを解説していきますので、これから宅配の仕事を始めたいという方はぜひ注目してみてくださいね。

バイクを使ってウーバーイーツの配達をするメリット・デメリット

まずはバイクを使ってウーバーイーツの配達をする場合のメリットとデメリットを比較して、整理していきましょう。機動力の高さがメリットとして思い浮かびますが、その反動となるデメリットも備わっていますので、バランスよく良し悪しを判断することが大切です。

バイクを利用するメリット

バイクを利用する場合、最大のメリットとなるのが機動力の高さであり、自転車と比べて長距離の移動を短時間で行いやすくなります。ウーバーイーツの報酬は配達距離が長ければ長いほど高額になりますので、この制度を生かす上でバイクは非常に有利なツールといえるでしょう。

長距離を移動する際も、自転車を運転することと比べれば体力の消耗を抑えられ、次の仕事へとスムーズに移ることもできます。

フードデリバリーの注文は、その性質上、悪天候の日に多くなる傾向がありますが、この際も自転車よりバイクのほうが運転しやすくなります。バイクの場合は屋根付きの車両もありますので、これを利用することで雨除けができますし、強風でも風の影響を受けることなく前進できることもメリットです。

バイクを利用するデメリット

バイクを利用する際のデメリットとして考えなければならないのは、道路状況の影響を大きく受けてしまうという点です。

たとえば渋滞などの影響でなかなかバイクを進めることができない場合、配達にかかる時間が長引き、効率よく稼ぐことができません。さらに言えば、道を間違えてしまった場合に速やかな方向転換ができず、次にUターンしたり、曲がったりできる場所まで間違った道を進み続ける必要もあります。

金銭面においてもデメリットがあり、まずはメンテナンスやガソリン代といった費用が自転車以上にかかってしまうという点を挙げなければなりません。パンクなどのトラブルに見舞われた場合も、即座に修理することが難しく、その日の仕事を断念せざるを得なくなってしまいます。

また、自転車と比較すると、交通違反を起こしてしまう可能性も高く、罰金によってその日の報酬が赤字になる可能性があることも頭の片隅に入れておきましょう。

自転車を使ってウーバーイーツの配達をするメリット・デメリット

続いて、自転車を使ってウーバーイーツの配達をする場合のメリットとデメリットについても知っておきましょう。自転車の場合、運転免許がなくても仕事に生かせるといった特徴がありますが、気軽なアイテムであるが故のデメリットがあることも把握しておかなければなりません。

自転車を利用するメリット

自転車を利用するメリットとなるのが、気軽に仕事を始められるという点であり、運転免許などの資格がなくても、自前の自転車さえ用意すればすぐに作業を行えます。自転車は維持費もかかりにくく、車検を通す必要もありませんので、低コストで配達の仕事を始めたいという方に最適です。

移動に関しても小回りが利きやすいという特徴を生かすことができ、地理に詳しい方であれば、ショートカットを繰り返しながら効率よく配達できます。もし配達途中で道を間違ってしまったとしても、間違いに気付いた瞬間に方向転換ができますから、タイムロスを最小限に抑えられることもメリットです。

パンクなどの不測の出来事が起きてしまった場合も、専門店等に持ち込めば即日の修理を受けることができ、修理完了後は仕事に復帰できます。料理を配達する際の駐車場所にも困りにくく、使い勝手がよいという点も自転車を利用するメリットといえるでしょう。

自転車を利用するデメリット

自転車を利用する際のデメリットとして挙げなければならないのは、バイクと比べて体力的な問題に曝される可能性が上がることです。長距離や長時間の仕事を自転車で行っているうちに体力が奪われ、仕事をする力をなくしてしまう可能性が考えられます。

その日の仕事を予定よりも早く切り上げなければならなくなる場合があるほか、筋肉痛などの影響により、翌日以降の仕事にも差支えが生じる場合もあるでしょう。

次に、雨天時や強風時など荒天の影響を受けやすいことも自転車を利用するデメリットであり、バイクと比べると大きなビハインドを背負ってしまいます。バイクの場合はアクセルを踏めばどんな悪条件でも走行できますが、自転車の場合は向かい風で運転することが難しく、最悪の場合はケガをするリスクも潜んでいます。

ウーバーイーツで配達をする際は自転車の利用がおすすめ

結論として、ウーバーイーツの配達パートナーとして働く場合は、自転車を利用することがおすすめです。特に都市部の場合は、バイクでは侵入できない細かな道も多いため、小回りが利きやすい自転車のほうが配達に向いています。

渋滞に巻き込まれるリスクがなく、道を間違えた場合も修正しやすい自転車を選んだほうが、スムーズに配達を続けられる確率が高いのです。

ウーバーイーツでは、自転車からバイクへ、バイクから自転車へといったように、自由に配達方法を変更することもできます。まずは自転車を使った宅配を行ってみて、体力的な問題などで限界を感じた場合はバイクに変更するといった方法を選ぶこともおすすめです。

自転車やバイクが無い場合は出前館の勤務がおすすめ

ウーバーイーツで配達パートナーになるためには、自転車かバイクのいずれかが必要で、持っていない場合は自前で購入しなければなりません。いくら安い自転車でも数千円の出費が必要ですし、バイクを購入するとなると数十万円単位の初期投資が必要になります。

配達パートナーは個人事業主として働くため、購入費は必要経費に回すことができますが、そもそも控除を上回る利益が出なければ何ら意味がありません。自転車やバイクを持っていない、あるいは用意するために投資するのがばからしいという場合は、ウーバーイーツではなく出前館で働きましょう。

出前館では、直接雇用を結ぶスタッフに対して専用のバイクと自転車を貸与していますから、自分で購入する必要がなく、故障が発生した場合もすぐに代替のアイテムに切り替えられます。

まとめ

ウーバーイーツの配達パートナーは、バイクか自転車のいずれかを選んで料理の配達を行うことになり、どちらを選ぶかは個人の裁量に任されています。結論としては自転車を選ぶことをおすすめしますが、体力面での限界を感じた場合などは、途中でバイクに切り替えてもよいでしょう。

自転車やバイクを所有していないという場合は、ウーバーイーツではなく、両方のレンタルが可能となっている出前館で働くことがおすすめです。