アマゾンフレックスの説明会ってどんな感じ?何が必要なの?

アマゾンフレックスの説明会ってどんな感じ?何が必要なの?

アマゾンフレックスの配達員として働く場合、説明会に参加しなければいけませんが、参加方法がわからない人も多いのではないのでしょうか。

また、アマゾンフレックスの説明会の内容が気になる人も多いはずです。

そこで今回は、アマゾンフレックスの説明会に参加する方法や説明会に必要な持ち物・実際に参加した人の声を紹介します。

アマゾンフレックスで働こうか悩んでいる人は、ぜひ最後までご覧ください。

アマゾンフレックスの説明会はオンラインで開催される

アマゾンフレックスの説明会は全てオンラインで開催されます。

ネットが繋がる環境とデバイスさえあれば、どこからでも参加可能です。

説明会では、配達方法や1日の流れ・実際にアマゾンフレックス配達員として働くための条件などが説明されます。

説明会はあらかじめ録画されている動画を視聴するような形式ですが、担当者に質問できる時間も設けられているので、事前に聞きたい内容を考えておきましょう。

アマゾンフレックスの説明会に必要な持ち物

アマゾンフレックスの説明会はオンラインで開催されるので、説明会に必要な持ち物は特にありません。

しかし、気になることがあれば随時メモできるよう、メモ帳とボールペンは用意しておくと安心です。

アマゾンフレックスの説明会に参加した人達の声

アマゾンフレックスの説明会に参加した人達の声をTwitterで調査してみました。

説明会に参加したことで1万円の報酬が貰えたという声がありましたが、時期によって開催されるキャンペーンは異なるので、現在報酬が貰えるかは不明です。

説明会だけで6時間かかるという声も見受けられました。かなり長いですね…。

また、配達員として何度か働いてから説明会に参加したという人もいました。説明会に参加しなくても、配達員として働きはじめることは可能なようです。

ただし、配達業務を一度も経験したことがないのであれば、まずは説明会に参加してみるのがおすすめです。配達の疑問や不安を解消できます。

アマゾンフレックスの説明会に参加する方法

アマゾンフレックスの説明会に参加する方法は以下の4ステップです。

  1. アマゾンフレックスのアプリをダウンロードする
  2. アプリ上で名前や連絡先・住所などの個人情報を入力する
  3. 後日、説明会の開催日などが書かれてあるメールが届く
  4. 日時を指定して説明会に参加

アマゾンフレックスの説明会に参加するためには、書類の準備が必要です。

ステップ2で個人情報を入力する際に、併せて以下の書類をアップロードしなければいけません。

  • 運転免許証
  • 車検証
  • 任意保険証券
  • 自賠責保険証
  • 貨物軽自動車運送事業経営届出書

任意保険証券とは、任意保険に加入した時に発行される書類のことです。

事故に遭って保険会社に連絡したり保険金を請求したりする時に使用します。

アマゾンフレックスでは、⿊ナンバーの軽貨物⾃動⾞を所有していることが条件となっているので、購入時に任意保険も加入しておきましょう。

貨物軽自動車運送事業経営届出書も必要です。貨物軽自動車運送事業経営届出書とは、個人事業主として軽貨物運送事業を行うために必要な書類のことを指します。

これらの書類が揃っていないとアマゾンフレックスの説明会に参加できないだけではなく、アマゾンフレックス配達員としても働けないので注意しましょう。

アマゾンフレックスの説明会に参加するハードルが高いと感じたら、他のデリバリーサービスも検討しよう

本記事では、アマゾンフレックスの説明会に参加する方法や説明会に必要な持ち物・実際に参加した人の声を紹介しました。

アマゾンフレックスは説明会に参加するだけでも運転免許証や任意保険証券・貨物軽自動車運送事業経営届出書など、さまざまな書類を用意しなければいけません。

「説明会に参加するだけでもハードルが高いな…。」と感じた人も多いのではないのでしょうか。

そんな人は、アマゾンフレックス以外のデリバリーサービスで働くことも検討しましょう。

例えば、出前館やUber Eatsなどのフードデリバリーサービスであれば、説明会前に書類を用意する必要がないところがほとんどです。働くと決めた場合のみ書類の準備が必要となります。説明会自体は誰でも気軽に参加できるのです。

以下の記事では、人気のフードデリバリーサービス5つを紹介しています。

特徴を比較しながら解説しているので、読みながら自分に合うデリバリーサービスを見つけてみてください。