デリズ配達員の仕事内容とは?概要から稼げるかについて解説!

赤い服を着て配達を行う男性

フードデリバリーの仕事を検討する中で、「デリズ」について調べている方は多いでしょう。デリズは20年以上の歴史を持つ会社ながら、その事業についてご存じでない方も多いと思います。デリズの配達員を目指すかどうか決めるうえで、仕事内容や「稼げるのか」について把握することが重要です。

本記事ではデリズの概要から配達員の仕事内容、稼げるのか、配達員になる方法までお伝えします。デリズの配達員に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

デリズとは?サービス開始までの歴史

HISTORYと書かれた積木

デリズとは、寿司チェーン「小僧寿し」の子会社である、総合フードデリバリーを主事業とする会社です。Delicious(美味しい食事)・Delivery(デリバリー)・Delight(喜び)という3つの「Deli」を兼ね備える会社として、「デリズ」と名づけられました。

2002年に設立されたデリズは、「ゴーストレストラン」の先駆けといえます。ゴーストレストランとは、デリバリーのみで料理を提供する飲食店のことです。客席を持たないためコストを大幅に削減でき、近年では日本でもゴーストレストランが増えています。

デリズはこれまでに、2度の大きな変化を経験しています。2016年には、「出前館」を運営する「夢の街創造委員会」の子会社となりました。そして、2018年には小僧寿しがデリズを買収し、現在でも100%小僧寿しの子会社です。現在のデリズは常時30種類以上の人気商品を提供しており、独自の有名店コラボ料理も味わえるといった、他のデリバリーサービスとの差別化を図っています。

デリズ配達員の仕事とは?

テイクアウト商品を手渡す人

デリズ配達員の仕事は、「注文された料理を、依頼したお客様宅まで配達する」という点では、他のデリバリーサービスと同様です。ただし、デリズ配達員には3つの大きな特徴があります。

  • 他店からのピックアップ(料理の受け取り)が不要
  • 配達以外の業務を行う場合もある
  • 専用のバイクを使える

デリズの配達員が取り扱うのは、基本的に自社ブランドの料理となります。そのため、自身の店舗で調理した料理をお客様へ配達することになり、他店からのピックアップが不要です。注文状況によって1日の配達数は変わりますが、目安としては1時間に平均2件程度の配達が発生するでしょう。

他店からの配達依頼が発生しない分、配達以外の業務が発生しやすいことも大きな特徴です。注文が少ない時間帯には、広告のポスティング厨房の手伝いなどを行うことになります。

また、デリズの配達員は専用の3輪原付バイクに乗って配達することが可能です。自転車よりも体力消耗が少ないものの、自転車を用いた配達はできません。そのため、原付免許は必須といえます。

デリズ配達員の配達エリアについて

デリズは、自社ブランドの料理を提供するための拠点を全国各地に構えています。配達エリアは2022年8月現在、大まかに「北海道・東北」「関東」「中部」「関西」「九州」の5エリアとなっています。拠点の詳細については、以下の通りです。

配達エリア

拠点

北海道・東北北海道新さっぽろ店・北15条店・札幌大通店・菊水店
宮城仙台店
関東東京西新宿店・新宿店・池袋店・上目黒店・南青山店・浅草店・荻窪店・品川店※休業中・大森山王店・京成小岩店・門前仲町店・八王子店・高輪台店・中野新橋店・東葛西店・三田店・戸越店・春日店
神奈川関内店・京急鶴見店
中部愛知栄店
関西大阪なんば店・京橋店・天王寺店・天王寺勝山店
京都桂五条店
兵庫三宮南店・西宮店
九州福岡博多店・中洲店・大橋店・魚町店・久留米日吉町店
佐賀松原店
大分都町店
熊本新市街店・けやき通り店・水前寺店
鹿児島騎射場店・照国店

基本的に拠点からの配達となるため、お届け先が遠方になることは少ないでしょう。ただし自宅の近くにデリズの拠点がない場合、配達員の仕事で通うことが難しくなります。

デリズ配達員は稼げる?

お札を持ったスーツの女性

デリズ配達員が稼げるかどうかの捉え方は、働き方やスキルによって変わります。

多くのデリバリーサービスでは配達1件あたりの報酬単価が決まっていますが、デリズ配達員の場合は「時給制」です。時給はエリアや店舗によって前後しますが、1,000~2,000円程度が相場 となっています。ただし配達員の開始直後には研修期間があり、研修が終了するまでは時給がやや低くなります。

歩合制を採用しているデリバリーサービスでは、複数の配達をこなせないと多くの報酬を得られません。しかし、デリズの場合は配達以外の業務を行う必要があるものの、1時間に2件程度の配達で時給1,000円以上の報酬が確保できます。そのため複数配達に慣れていない初心者でも、安定して稼げる仕事といえるでしょう。

一方で、配達を多くこなしても1時間あたりの報酬額が固定されているため、報酬を上乗せできないのが懸念点といえます。短時間に多くの配達をこなせるベテラン配達員であれば、歩合制を採用しているデリバリーサービスの方が稼げるケースが多いでしょう。

また、雇用形態が「業務委託」ではなく「アルバイト」のため、シフト制で働くことになります。シフト制だと働き方の自由度は低くなりやすく、「副業で稼ぎたい」という方にはあまり向いていないでしょう。

デリズ配達員になるには

配達物を手渡す赤い服を着た配達員

デリズの配達員になるには、大まかに下記の手順で登録する必要があります。

  1. 必要なものが揃っているか確認する
  2. 求人を探して応募する

順番に詳しく解説します。

必要なものが揃っているか確認する

まずは、配達員になるために必要なものが揃っているか確認しましょう。これまでにも解説した通り、デリズ配達員になるには下記2つの条件を満たす必要があります。

  • 原付免許を取得している
  • 自宅の近くに拠点が存在する

デリズ配達員は3輪原付バイクに乗って配達するため、原付免許の取得が欠かせません。また、基本的に拠点を中心に配達を行うことになり、自宅の近くに拠点がないと通うことは難しくなります。最寄りの拠点を確認し、日々のシフトで通える範囲の距離か確認しましょう。

なお、配達時には専用スマートフォンを用いることになりますが、店舗から借りることが可能です。制服やバイクも借りられるため、自分で用意する必要はありません。

求人を探して応募する

必要なものが全て揃っていると確認できれば、デリズ配達員の求人を探して応募しましょう。前述の通り、デリズ配達員になるにはデリズと雇用契約を結ぶ必要があります。そのため登録制ではなく、店舗の求人に応募して面接を受けなければなりません。

通常の飲食店でアルバイトするのと同じように、求人サイトを利用して仕事を探すことになります。お客様への配達はもちろん、厨房の手伝いをする場面もあるため、見た目の清潔感を整えること最低限のマナーを身につけておくようにしましょう。

まとめ

デリズ配達員は、自社の拠点を中心に配達することや時給制を採用していることから、他のデリバリーサービスと特徴が異なります。配達員になるには、いくつかの条件はあるものの、短時間に多くの配達をこなさずとも一定の報酬を確保できることは魅力といえるでしょう。

そのため、配達員の経験が少ない初心者や、時間を柔軟に確保できる方に向いていると考えられます。その一方で、「副業で稼ぎたい」という方には、あまり向いていません。自分に合っていないデリバリーサービスで働き始めても、イメージのずれから挫折してしまう恐れがあります。副業として配達員で稼ぎたい方は、業務委託のデリバリーサービスも検討することがおすすめです。

デリズでは時給制を採用していることから、安定した収入を得られますが、報酬が決められている金額から上乗せされることはありません。長く働き続けるためにも自身に合ったデリバリーサービスを選ぶようにしましょう。