出前館配達員のチェックテストとは?配達員として登録する際の注意点を解説!

チェックシートと黒鉛筆

出前館の業務委託配達員として働くには、研修動画を視聴したうえで、理解度チェックテストに合格しなければなりません。チェックテストに合格できなかった場合には、配達員として働けないため、テストの内容を事前に確認して対策を練っておきましょう。

本記事では、チェックテストの出題内容や、不合格になったときの対処法などを詳しく解説していきます。また、配達員として登録する際の注意点も紹介するため、気になる人は参考にしてください。

出前館の配達員として働くためのテストとは

段ボールを持っている赤い服を着た男性配達員

出前館の業務委託配達員として働くには、研修動画を視聴したうえで理解度チェックテストに合格する必要があります。

アプリや公式ページから登録すれば稼働できるフードデリバリサービスもありますが、出前館の業務委託配達員は、研修動画の視聴理解度テストの受験が必須となるため注意しましょう。

研修動画の内容は、配達の方法や注意点など、配達員として稼働するうえで欠かせない基本的な事項について視聴します。一方、理解度チェックテストでは、研修動画の内容や交通ルールに関することが出題されるようです。

なお、出前館の業務委託配達員とは「個人事業主扱いとなる働き方」を指します。出前館と直接契約を結ぶのは「アルバイト」のみです。

業務委託配達員は、アルバイトのように業務時間を指定されず、自由な時間に働くことができます。また、アルバイトの報酬は時給制ですが、業務委託配達員の報酬は「歩合制」を採用しています。

このように、業務委託配達員には多くのメリットがあるため、出前館の配達員として働く場合は、業務委託配達員を選択するケースが多くなるでしょう。

出前館の研修動画の内容

パソコンを観ながら講習を受けている女性

出前館の業務委託配達員として働くには、2本の研修動画を視聴することになります。それぞれの内容は下記の通りです。

  • 配達員研修動画

この動画では、配達員の概要や服装、交通マナーなどに関する説明が行われます。難度が高い内容ではありませんが、動画の内容を正確に理解しなければ、動画視聴後に行われる「理解度チェックテスト」に合格できない可能性があるでしょう。

  • 配達研修動画

この動画では、配達アプリの使い方やトラブルが発生したときの対応方法を学びます。配達における実践的な内容と考えれば、わかりやすいでしょう。この動画内容を正確に理解しなければ、実際に配達を行う際に発生するトラブルに対応できなくなる可能性があります。

なお、動画の視聴時間は、2本の合計で30分程度となります。早送りやスキップも可能ですが、働くためには欠かせない知識となるため、早送りやスキップはせずに最後まで視聴しましょう。なお、動画はPC、スマホのどちらでも視聴できます。

出前館の理解度チェックテストとは

パソコンの画面を指さし確認している

出前館の理解度チェックテストとは、「研修動画の内容を理解しているかどうかを確認するテスト」です。 そのため、テストで出題される内容は、研修動画の内容が出題されます。研修動画を正確に理解していれば回答できるような問題ばかりであるため、難度はそれほど高くないでしょう。

基本的には、常識的な出題内容と考えて問題ありません。なお、個人契約のドライバーとして稼働したい場合、理解度チェックテストの合格ラインは「全問正解」が必要になります。1問でも間違えると合格できないため、研修動画の内容を正確に確認して合格できるようにしましょう。

このように、理解度チェックテストは100%の正答率が求められますが、不合格となった場合は何度でもテストを受講できます。不合格になった場合は、動画を改めて確認したり、ネットでわからなかった問題を調べたりして合格を目指しましょう。

出前館の理解度チェックテストを受けるタイミング

赤ペンでチェックを入れている

出前館の理解度チェックテストを受けるタイミングは、本登録から1~3日後となります。登録時に審査が行われるため、その時間に1~3日かかると考えてください。

審査が終わると「【出前館】審査完了のご案内」というメールが届くため、メールに記載されているURLから研修動画を視聴し、理解度チェックテストを受講しましょう。

テストを受けるまでの具体的な流れは、下記の通りです。

1.説明会に申し込む

まずは、出前館の説明会申し込みページから説明会に応募します。ここでは「氏名」「電話番号」「メールアドレス」「希望エリア」などを入力します。

2.研修動画を視聴する

申し込みが完了して審査が終わると、研修動画のURLログインID・パスワードが記載されたメールが届きます。

3.研修動画を視聴して理解度チェックテストを受講する

このタイミングで研修動画を視聴し、理解度チェックテストを受講します。

テストに合格した後は、説明会に参加したうえで必要書類を送付し、稼働するためのIDとパスワードを受け取るという流れです。

出前館の配達員として登録する際の注意点

スマホで登録に必要な情報を入力している

出前館の配達員として登録する際の主な注意点は、下記の通りです。

1.出前館の配達員には面接がない

業務委託で働く場合は、登録時に面接がありません。以前はオンラインによる面談が行われていましたが、2022年11月現在は研修動画を視聴して理解度チェックテストに合格することで、働くことができます。

2.登録時の審査に落ちることがある

出前館の業務委託では、登録時の審査に落ちることがあります。ここでいう「審査」とは、書類の不備による審査落ちではなく、身分証や電話番号などの個人情報による「本人審査」のことです。審査の基準は公表されていませんが、過去に出前館でトラブルを起こしていなければ、審査に落ちる心配はないでしょう。

3.書類の不備があると登録できない

本人確認審査ではなく、必要書類の不備で登録できないこともあります。特に注意したい項目は下記の通りです。

  • 保険の名義人が違う
  • 書類が違う
  • 送信した写真がぼけている など

必要書類が揃っていなければ登録できないため、書類を送付する前に不備がないか確認するようにしましょう。

4.任意保険が適切でないと登録できない

出前館の業務委託配達員として働くには、任意保険に加入しなければなりません。また、保険の内容は賠償責任補償が必須となります。自宅の火災保険や生命保険などに賠償責任が付帯していれば問題ありませんが、付帯していない場合や付帯を証明できない場合には、登録できないでしょう。

まとめ

出前館の配達員として稼働するには、理解度チェックテストに合格しなければなりません。ただし、テストで出題される問題は動画の内容や基本的な交通ルールを理解していれば、それほど難度は高くないでしょう。もし不合格になった場合は、何度でも受験することができます。そのため、一度不合格になったとしても諦めずに再受講することが大切です。

書類不備や任意保険の未加入などがあるとテストに合格しても登録はできないでしょう。不要な手間を省くためにも、登録する際の注意点を確認しておくことが大切です。

また、出前館のほかにもさまざまなフードサービスが多く普及しています。フードサービスによって、報酬や雇用の仕組みが異なるため、自身に合ったフードサービスを探してみてください。