体を動かすアルバイトがしたい!楽なものからしっかり稼げるものまでおすすめ5選を紹介

地味な作業を黙々と続けるのが苦手で、体を目一杯動かす様なアルバイトをしたいという方は少なくありません。

そこでこの記事では、体を動かしながら働けるおすすめのアルバイトを5つ厳選して紹介します!それぞれ働き方や仕事内容、勤務時間などなるべく毛色が異なるものをピックアップしましたので、ぜひバイト探しの参考にしてみてください。

フードデリバリー

体を動かすアルバイトの中で、近年特に人気が高いのがフードデリバリーです。フードデリバリーとは簡単に言うと出前のことで、飲食店に注文が配達の注文が入り、完成した料理をお客様の元へ届ける仕事です。

従来は飲食店が自店のサービスとしてデリバリーを行っていましたが、出前館やウーバーイーツといった配達代行サービスの普及により、多くの飲食店が手軽にデリバリーサービスを展開できるようになりました。

これに伴い、配達員に対するニーズも増えており、多くの人がフードデリバリーサービスで配達のアルバイトを行っています

フードデリバリーの仕事内容

フードデリバリーの具体的な仕事内容を見ていきましょう。

先述の通り、フードデリバリーの主な仕事内容は料理を飲食店からお客様の元へ届けるのが主な仕事内容です。しかし、特定のお店で働くのか、配達代行サービスの配達員として働くのかで、仕事内容は変わってきます。

お店のアルバイトとして働く場合には、シフト制で勤務し、お店に常駐しているのが基本です。注文が無い時間にはお店の業務を兼任し、注文が入ったら配達に出かけるというのが一般的でしょう。

これに対し、飲食店の配達代行を行っているフードデリバリーサービスで働く場合には、働きたい時に働きたいエリアで専用アプリなどから仕事を受注するというスタイルが主になるため、特定店舗に所属したり、事務所に集合したりといったことはあまりありません。

前者の出前の様なスタイルは、ピザ屋や寿司屋などで古くからある働き方です。これに対し、近年増えているのは後者の、自分のライフスタイルに合わせて好きに仕事を受注する働き方です。

また出前館の様に、勤務形態はシフト制・時給制のアルバイトで、働き方は基本はエリア内待機で注文が入った時だけ配達を行うといった両者の中間の様なサービスもあり、接客はせずに自由に配達業務をしたいけれど、給料は安定させたいという人から人気を集めています。

フードデリバリーの給料

フードデリバリーのアルバイトの給料は、一般的な飲食店バイトよりも高額な傾向があります。飲食店のアルバイトとして働く場合には、店舗スタッフの時給+100~200円程度となることが多いでしょう。

また、ウーバーイーツの様にフレキシブルに働くタイプの場合には、給料は基本的には配達件数に応じた完全歩合制となることが多いため、配達の効率や働く時間帯、エリアなどによって給料は大きく左右されます。1000円~2000円程度が目安となるでしょう。

飲食店

レストランや居酒屋、カフェといった飲食店でのバイトも、体を動かす仕事の代表的のひとつです。飲食店は数が多く、また特別なスキルが無くても採用されやすいため、学生を始め多くの人々から人気のアルバイトといえるでしょう。

あまり体を動かすバイトというイメージは無いかもしれませんが、飲食店での仕事は基本的に立ちっぱなし動きっぱなしで、食品の材料や飲み物、食器や料理など、重いものを運ぶ機会も少なくない、体力が重要な仕事といえます。

飲食店の仕事内容

飲食店の仕事内容は、大きくお客様の接客をする「ホール」と、提供する料理の調理を行う「キッチン」に分かれます。

ホールはお客様の接客全般を担当するため、来店時の対応を始め、席へ案内する、注文を取る、料理を運ぶ、席の片付けをするなど、業務内容は多岐に渡ります。また、飲食店のジャンルや業態などによっても接客時に求められることが変わるため、人とのコミュニケーションが得意で、臨機応変に動ける人に向いたポジションといえるでしょう。

キッチンの主な仕事は、仕込みと料理、そして洗い物です。どの程度まで料理を行うかは、お店によって様々です。例えば大手のチェーンであれば、セントラルキッチンである程度調理された食材がお店に届くため、マニュアル通りに簡単な調理を行うだけで済みます。しかし個人店やレストランの場合、一から料理をする必要があるため、高い料理のスキルが求められることも多くなります。そのため、アルバイトの場合は調理補助を担当することが多いでしょう。

飲食店の給料

飲食店の給料はそれほど高くはありません。地域ごとに定められた最低賃金を多少上回る程度が相場といえるでしょう。

しかし長く勤めてこなせる業務が増えれば時給が上がることもあります。また、夜間も営業しているお店であれば、10時以降は夜勤手当で時給が+25%となるため、多く稼ぎたい方は、夜勤を狙うという方法もあります。

パチンコ店

体を動かしたい場合には、意外かもしれませんがパチンコ店でのアルバイトもおすすめです

パチンコ店というとギャンブルのイメージからか、ブラック、キツい、危ない、汚いといったイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実際には店内はとてもきれいですし、シフトも組みやすいため、大学生などからも人気のアルバイトとなっています。

パチンコ店の仕事内容

パチンコ店のアルバイトは大きく「ホール」「カウンター」「コーヒー販売」の3つに分かれますが、このうち体を動かすのはホールになるため、ホールスタッフの仕事内容について解説していきます。

ホールスタッフとは、台やフロアの清掃、パチンコの玉運び、玉やメダルを入れたドル箱の上げ下げなどが主な業務となります。この内、ドル箱の上げ下げとはお客様のドル箱をカウンターまで運ぶ業務になるのですが、ドル箱は想像以上に重いため、一日に何度もドル箱の上げ下げを繰り返すのにはかなりの体力が必要です。

注意点としては、基本的にパチンコ店は全面喫煙となっているため、タバコの煙が気になる方には不向きかもしれません。

パチンコ店の給料

パチンコ店のアルバイトの時給は、他の職種に比べてかなり高額に設定されています。例えば東京都の場合、最低地銀は1,013円、平均時給は1,177円弱程度ですが、パチンコ店の平均的な時給は1,300円とかなり高いことがわかります。

そのため、体を動かしたいという方以外にも、高給目当てで働く学生やフリーターの方も少なくありません。

清掃

清掃のアルバイトとは、施設の掃除を行う仕事です。対象となる施設はオフィスビル、ホテル、病院、商業施設、スーパー、駅構内など多岐に渡ります。

家庭の掃除とは違い、基本的には大きな建物で大がかりな清掃を行うため、かなりの肉体労働といえるでしょう。

清掃の仕事内容

清掃の基本的な仕事内容は、建物の内外を綺麗にすることです。対象となる場所は様々で、ホテルやオフィスのエントランスやフロア、トイレといった一般的な部分もあれば、ホテルの客室、病院のオペ室、新幹線車両、スーパーの食品加工作業室といった特殊な部分を清掃することもあります。

また、清掃する現場によって清掃の手順が細かく決まっていることもあり、基本的には利用客がいない限られた時間内でスピーディーに作業を行うことが求められます。

早朝や深夜などの時間帯の募集も多いため、日中働けない人でもシフトに入りやすいというメリットはあります。

清掃の給料

清掃バイトの給料は決して高額とはいえません。一般的には、最低賃金と同程度の水準と考えておけばよいでしょう。また、アルバイトの場合には昇給などもあまりありません。

しかし、例えば4時間の現場を3時間で終わらせることができた場合にも、4時間分の給料が支給されるといったケースも多いため、手際が良ければ効率的に稼げる可能性もあります。

肉体労働系

最後に紹介するのが、体を動かすバイトの本命ともいえる肉体労働系の仕事です。ガテン系と呼ばれることもあり、建設現場での土木作業、引っ越し作業、運送業、イベント会場などの設営作業など、重いものを運ぶことが多い、体力勝負のアルバイトとなります。

肉体労働系の仕事は例えば大工さんや整備士の様に専門的なスキルが求められるものも多いのですが、アルバイトの場合には日雇い単発の派遣が基本となり、体力のみあればこなせる簡単な作業が割り振られます。

肉体労働系の仕事内容

肉体労働系バイトの仕事内容は、働く業種や現場によって様々なので一概には言えませんが、「重いものを運ぶ」というのが基本的な作業内容となります。

例えば引っ越しの場合には、引っ越し元の家で家具を梱包してトラックに積み込み、さらに引っ越し先の家に運び入れるというのが主な仕事内容です。工事現場やイベント設営会場ではこれが資材の運搬になりますが、求められる役割は似たようなものといえるでしょう。

慣れない方が肉体労働系のバイトをすると、初日は腕が上がらなくなるほど疲労することも珍しくありませんが、その分体力も身につきます。

肉体労働系の給料

肉体労働系のアルバイトは日雇い派遣で働くことが一般的ですので、給与の相場は1,000~1,200円程度です。決して高給とはいえませんが、6~8時間程度まとまった時間入れる現場が多く、残業が発生することも多いため、1日で1万円以上稼ぐといったことも可能です。

まとめ

体を動かすおすすめのアルバイトを5つ紹介しました。

仕事をする環境や働き方、給料や勤務時間など、いずれも異なる条件のものをピックアップしましたので、ぜひアルバイト探しの参考にしてみてください。