サラリーマンでも今日から稼げる!種類別におすすめの副業9選を紹介!

近年では政府主導で働き方改革の一環として副業を推奨しており、副業OKの企業も増えていることから、自分も副業によって収入を得たいと考えている会社員の方も多いのではないでしょうか。しかし、具体的にどの様にして副業収入を得れば良いのかわからないという方も多いはず。

そこでこの記事では、スキルや働き方別に、おすすめの副業を紹介していきます。サラリーマンとして本業をこなしながらでも行える副業は、大きく4つに分類することができます。自分にはどの副業が適していそうか、ぜひチェックしてみてください。

稼げる副業①体を使う副業

体を使う副業は、特別なスキルや経験が無くても誰でもすぐに始めることができるため、確実に副収入を稼ぐことができるおすすめの副業です。仕事終わりや休みの日を有効活用すれば、5~10万円程度なら比較的簡単に稼ぐことができるため、すぐにでも副収入が欲しいという方はぜひチェックしてみてください。

フードデリバリー

サラリーマンに特におすすめの体を使う副業がフードデリバリーです。

フードデリバリーとは飲食店から注文者の自宅やオフィスに料理を配達する仕事です。従来の出前は蕎麦屋やピザ屋、寿司屋といった飲食店が独自に行うことが一般的であったため、そのお店の従業員として働き、定期的にシフトに入らなければなりませんでした。

しかし近年では、出前館やウーバーイーツといった飲食店の配達代行サービスの台頭により、飲食店のジャンルや業態、規模を問わず、どんなお店でも簡単にデリバリーサービスを導入することができるようになり、それに伴って配達員の需要も激増しているのです。

フードデリバリーが副業としておすすめできる最大のポイントは、体一つで誰でもすぐに始めることができ、さらに店舗に雇われてシフトを組むわけではないので、働きたい時に働きたいだけ働き、効率的に稼げるという点です。

給与は歩合制となることが多いため、効率よく働くことができれば、時給2,000円以上を目指すことも可能です。

単発日雇い派遣

暇な休みの日を有効活用したい場合には、単発の日雇い派遣もおすすめです。派遣サービスに登録しておけば、面接等不要で働きたい日に仕事を探すことができます

仕事の内容は引っ越しや建設現場といった肉体労働系を始め、スーパーでの試食販売やオフィスビルの清掃、プラカード持ちやティッシュ配りなど様々。仕事の内容は当日簡単な説明と支持を受ければ誰でもこなせるものです。

給料は時給1,000~1,200円程度とそこまで高額ではありませんが、8時間フルで働ける案件も多く、残業が発生するケースもあるため、1日で1万円前後安定して稼ぐことが可能です。

稼げる副業②専門性・スキルを活かす副業

本業で専門性の高い仕事をしている方や、過去に特別な経験をしていた方、資格を持っている方などは、そのスキルを活かして副業をするのもおすすめです。持っているスキルの市場価値が高いほど稼げる金額も大きくなる傾向があり、近年では副業で本業以上に稼いでいる方もいるほどです。

WEBライター

文章を書くのが得意で、SEOを始めとするWEBマーケティングに通じている方や、専門家による記事作成の需要が高い分野の経験や資格を持っている方、取材や企画提案が得意な方は、WEBライティングで稼ぐ副業がおすすめです。

インターネットの普及によってWEBライターに対する需要は年々増えており、ランサーズやココナラ、クラウドワークスといったクラウドソーシングサービスを活用することで、誰でも手軽にライターとして活動することができます。

報酬は文字単価によって決まることが多く、特別な資格やスキルがない場合には0.5円~1円程度とあまり大きな報酬はもらうことができません。しかし、上述のような強みがある場合、文字単価数円の仕事を依頼してもらえることも。

例えば管理栄養士の資格を持っていて、ダイエットや健康に関する記事の執筆を文字単価2.5円で受注できたとしましょう。1記事が3,000文字だった場合、月に5記事の発注をもらえれば報酬は37,500円、10記事なら75,000円にもなります。

記事作成は仕事終わりや休みの日など、スキマ時間にもこなしやすい点もメリットといえるでしょう。

プログラミング

本業でプログラマーとして働いている方は、プログラミングの案件を副業として個人で受注することで稼ぐことも可能です。

プログラマーは慢性的に人手不足な状況にあるため、プロパーの社員を雇うのではなく、外注で仕事を依頼している企業は少なくありません。そのため、先程紹介したランサーズやココナラなどのクラウドソーシングサービスや、フリーランス専門の案件紹介サービスなどには、常時募集案件が多く掲載されています。もちろん市場価値の高いスキルを保有している必要はありますが、中には週の稼働日数2日、想定稼働時間64時間で報酬が40~50万といった高額な案件も。

また、直接案件を受注するのではなく、プログラミング講師として働く、自身でサービスを開発して収入を得るといった稼ぎ方も可能です。

インストラクターや講師

スポーツやトレーニング、語学、学歴などの資格・スキルを持っている場合には、経験と能力を活かしてインストラクターや講師として副業を行い、稼ぐことも可能です。

こういったトレーナーや講師の仕事は仕事終わりの時間帯や土日の需要が高いため、副業として働きやすいのがメリットです。報酬は仕事の内容によって様々ですが、一般的なアルバイトなどよりは稼げることが多く、高い人気を集めたり、希少なスキル・資格を持っていたりする場合には高額な収入を稼げることも。

インストラクターや講師の種類は、一例としてざっと上げるだけでも次のようなものがあります。

・パーソナルトレーナー
・ヨガトレーナー
・スイミングスクール講師
・ダンス講師
・語学教師
・塾教師
・ビジネススクール講師

子供やシニア対象の習いごとなどは募集のハードルが低いことも多いので、活かせそうなスキルや資格をお持ちの方はぜひ検討してみてください。

稼げる副業③WEBを活用する副業

近年ではインターネットの普及により、個人で稼ぐ手段が増えており、PCやスマホ一つで副業収入を得ている方も増えてきました。ここからはWEBを活用した副業を紹介していきます。

転売

メルカリを始めとするフリマアプリやネットオークション、Amazonでの個人出品といったサービスの台頭により、サラリーマンでも片手間で転売の副業をしやすい環境が整っています。

転売というと、アーティストのライブチケットや希少なグッズ、抽選による予約購入になる人気のガジェットなどを買い占め、適正価格より高く売る悪質な行為をイメージするかもしれませんが、ここでいう転売はそういった行為ではありません。

反対に、本来の価値よりも低く出回っているものを購入して適正価格で販売したり、将来的に値段が上がりそうなものを安く仕入れておいて高騰後に販売したり、何かしらの付加価値を付けて高値で売ったりといった、いわゆる「せどり」に近い真っ当な商売です。

そのため、転売で稼ぐためには商品の価値を見極める知識や市場の動向を察知する情報収集能力などが求められます。慣れないうちは仕入れた商品が売れずに在庫を抱えてしまうリスクもあるため、ある程度の経験とノウハウは必要でしょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとは広告主の商品やサービスを宣伝し、商品が売れたり、申込みの契約を獲得したりした場合に成果報酬をもらえるというビジネスモデルです。ブログやアフィリエイトサイト、SNSなどを活用し、人を集めて親和性の高いアフィリエイト広告を紹介することで、月に100万円以上の収入を得ている人もいます

ただし、アフィリエイトはSEOやSNSマーケティングといった専門的な知識が必要となるため、一朝一夕で稼ぐことは簡単ではありません。ある程度の勉強と試行錯誤は必須となることは覚悟し、腰を据えて取り組む必要がある副業といえます。

稼げる副業④資産を運用する副業

最後に、ある程度の資産を持っている場合に、それを運用することで収入を得るという方法があります。他の稼ぎ方と違い、資産運用はうまくやれば、自身が労働や作業を行わずとも収入を得られるというのが大きなメリットです。

どの様な方法があるのか、詳しく見ていきましょう。

不動産投資

不動産投資とは、マンション経営を経営したり、土地を売買したりすることで収入を得る方法です。マンションのワンルームから投資を行うことができる不動産業者も多いため、大きな元手を持たないサラリーマンでも不動産投資で家賃収入を得ているケースも珍しくありません。

ただし、不動産投資は買い手がつかない流動性リスクや、借り手がつかない空室リスク、災害によって物件が損壊してしまう災害リスクなども存在します。ミドルリスク・ミドルリターンで比較的安定して稼ぐことができるとは言われていますが、リスクがないわけではないということは理解しておく必要があります。

株式投資

不動産投資よりもリスク・リターンともに大きくなりますが、株式投資によって副業収入を得るという方法もあります。

企業が発行する株式を購入することで得られる報酬には、3つの種類が存在します。

1つ目は、値上がりした株を売却することで得られる、キャピタルゲイン、2つ目は、株主になることで様々な特典を受けられる株主優待、3爪は、保有する株数に応じた配当金を得られるインカムゲインです。

上記の様に、報酬にも種類があるため、短期的な売買で稼ぐのか、長期保有によって配当金を得るのかなど、株式投資で稼ぐためには一定の知識と経験が必要になります。また、株は景気によって価値が大きく左右される金融商品ですので、ハイリスク・ハイリターンであることは知っておく必要があります。

まとめ

サラリーマンが副業で稼ぐ方法について紹介しました。

副業の稼ぎ方は大きく4つに分かれます。副業というと特別なスキルなどがなければ難しいと考えている方も多いかもしれませんが、身体一つですぐにでも稼ぎ始めることができます。

もちろん、専門性を活かせばさらに大きな報酬を得ることも可能ですので、ぜひこの記事で紹介した内容を参考に、自分に合った副業を探してみてください。