ウーバーイーツ配達員の仕事内容とは?仕事の始め方もご紹介

新型コロナウイルスの蔓延によって、自宅で食事を楽しむ人が増加しており、フードデリバリー産業の需要が急拡大しています。特にウーバーイーツは注目度が高く、ロゴの入った黒いバッグを持って街中で働くスタッフの姿を見かけたことがあるという方も都心には多いはずです。

ウーバーイーツの配達員として働く場合、どのようにすれば仕事を始めることができ、採用後はどのような仕事を任されることになるのでしょうか。この記事では、配達員としての仕事の流れを詳しくご紹介し、給料システム等についてもわかりやすく解説します。

ウーバーイーツ配達員の仕事内容を解説

まずはウーバーイーツの配達員として採用された場合、どのような仕事を行うことになるのかをご紹介します。仕事内容はシンプルで、イメージしている通りの内容となることがほとんどですが、事前に詳しく確認しておきましょう。

飲食店からの注文を待つ

配達員は専用アプリをインストールしたスマートフォンを使い、飲食店からの注文が入るのを待ちます。料理を注文しているお客様からの注文を直接受けるのではなく、あくまでもレストランからの注文を受けるという点が特徴的です。

この際の注文のことを「配達リクエスト」と呼んでおり、配達リクエストを受けるか、それとも断るかは自分自身で決められます。ただし、都市部の場合は配達員の数が非常に多いため、配達リクエストを近隣にいるその他の配達員に先取りされてしまうことも珍しくありません。

飲食店に料理を受け取りに行く

配達リクエストを受けたら、そのお店の場所まで実際に自転車やバイクを使って向かい、注文された料理を受け取ります。専用アプリにはお店の場所がピン留めされて表示されますので、これを参考に現地まで向かいましょう。

商品代金はお客様側で決済を行いますので、配達員は代金を支払わずに品物を受け取ることができます。

お客様が指定した住所に配達する

レストランから料理を受け取ったら、お客様が指定した住所まで自転車、あるいはバイクを使って配達に向かいます。配達する距離が遠ければ遠いほど給料が高くなるシステムですので、遠い距離のオーダーを受けると損になるといった問題は起こりません。

配達は対面での受け渡しが基本ですが、コロナ禍においては「置き配」を選択するお客様も増えており、その場合は料理を置いた場所の写真を撮影して送信します。料理の配達が完了すると、飲食店やお客様からの評価を受けることになり、この際のスコアに応じて実績が上下するというシステムです。

ウーバーイーツ配達員の始め方

ウーバーイーツの配達員は「配達パートナー」と呼ばれ、ウーバーイーツと直接契約を結ぶのではなく、個人事業主として働くことになります。登録するための条件は「18歳以上」の「日本国内における就労資格を持つ人」で、性別や実績、運転履歴などは問われません。

以前は事務所で登録を行っていましたが、2021年1月現在はオンラインで登録ができる仕組みになっていますので、登録のための方法を整理しておきましょう。

アカウントを作成して必要書類を提出する

まずはウーバーイーツのアカウントを作成して、登録するための準備を整え、必要書類をアップロードするというのが基本的な流れです。アカウントの作成は無料で行うことができ、不明点がある場合は事務所に電話で問い合わせるとサポートを受けられます。

アップロードが必要となる書類は、身分証明書として利用できる以下の6点のうちのいずれか1つです。

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード
・小型船舶操縦免許証
・学生証、健康保険証の2点
・在留カード(外国籍の人のみ追加で必要)

また、配達員のプロフィール欄で使用するための顔写真も必要になりますので、スマホなどを使って自撮りして準備しておきましょう。顔写真は素顔でなければならないため、サングラスを着用していたり、マスクをしていたりすると審査に落ちてしまう可能性があります。

最後に、給料の振り込み先となる口座番号を伝えると登録申請が完了です。

配達用のバッグを用意する

2020年初頭まではレンタルという形で専用のバッグが用意されていましたが、現在は自腹で購入して用意する必要があります。ウーバーイーツのロゴが入ったバッグは5,000円、ロゴのないバッグは4,000円ほどでamazonから購入することが可能です。

審査に通過すると配達を始められる

ここまでの準備が整い、必要な情報と身分証などをアップロードすると、ウーバーイーツによる簡単な審査が行われます。審査に通過すると専用アプリを利用できるようになり、その日からすぐに配達を始められるようになります。

ウーバーイーツの配達員が持っていると便利なグッズ

ウーバーイーツの配達パートナーとして採用が決まっても、バッグをはじめとするアイテムがウーバーイーツ側から支給されることはありません。仕事で使うアイテムは、原則としてすべて自分自身で用意する必要がありますので、どんな物を持っていると便利なのか知っておきましょう。

モバイルバッテリー

スマホの電池が切れた瞬間に、飲食店からの注文を受けられなくなりますし、配達中に地図を確認することもできなくなってしまいます。仕事を進めることが不可能になりますから、ウーバーイーツの配達員にとってモバイルバッテリーは必要不可欠です。

仕事中は、基本的に常時スマホを利用すると考えるべきであり、緊急用のモバイルバッテリーも1つ余計に用意しておくとよいでしょう。

タオルなどの緩衝材

料理の盛り付けが崩れると高評価を得られない可能性が高くなりますし、スープ類をこぼしてしまうとバッグが汚れて時間をロスしてしまいます。これを防ぐために必要なアイテムがタオルなどの緩衝材であり、バッグの中に料理を詰めた後にできたスペースを埋めることで荷崩れを防ぐことが可能です。

エアクッションやサバイバルシートを利用する配達員もいますが、万一の際の掃除等も考慮すると、小さなタオルをいくつか用意することがベストでしょう。

スマホホルダー

自転車を使って配達する場合、スマホを片手に持ったまま運転することはできませんので、ハンドル部分に装着してスマホを固定できるホルダーを用意しましょう。スマホホルダーにスマホをセットした状態で地図やアプリを起動しておけば、両手でハンドルを握ったまま自転車を運転することができます。

また、マンションのエントランスなどから料理を配達する場合はスマホを取り外しますので、ワンタッチで脱着ができるタイプのものを選びましょう。

まとめ

ウーバーイーツの配達員になる方法は、2020年の前後で大きく変化しており、現在はインターネットを使ってオンラインで登録することが可能です。配達パートナーとして認められると、専用アプリを使用できるようになり、注文を受けて飲食店に向かい、受け取った料理をお客様に届けるという仕事を繰り返します。

用意しておくと便利なアイテムとしては、スマホを充電するモバイルバッテリー、自転車にスマホを固定するホルダー、そしてきれいに運ぶためのタオルなどがあります。