副業でウーバーイーツの配達員になる魅力とは?会社にバレるかどうかも解説

コロナ禍において、経済面で苦境に立たされる方は多く、仕事は残っているものの給料が減って困っているという方もいるのではないでしょうか。そんな方が副業として選びやすい仕事に「ウーバーイーツの配達員」があり、実際に配達員の仕事を副業で行っている人は多くいます。

この記事では、副業でウーバーイーツの配達員になることで得られるメリットや、この仕事ならではの魅力について深掘りしてご紹介します。また、本業の会社にバイトの存在がバレることがあるかどうかなど、誰もが気になる特有の事情についても解説しましょう!

ウーバーイーツの配達員として副業をするメリット

ウーバーイーツの配達員として副業をするメリットは、主に以下の3点です。

・土日や夜間など働きたい時間だけを選んで働ける
・ゲームのような感覚で仕事ができる
・ペースを抑えれば気分転換をしながら仕事ができる

それぞれの項目を詳しくご紹介します。

土日や夜間など働きたい時間だけを選んで働ける

ウーバーイーツの配達員になるためには事前登録が必須ですが、登録さえ済ませてしまえば、働けるタイミングだけアプリをオンにして仕事をすることができます。注文が特に多いのは土日祝日のような休日ですし、都市部であれば22時を過ぎても一定の需要を保ち続けることも副業で働く人にとってのメリットです。

たとえば18時まで本業の仕事を行い、一度自宅に帰ってシャワーを浴び、夕食をとってからウーバーイーツで働くということもできます。休日が不定期な方や、急に休みになってしまうことが多い仕事に就いているという方でも、ウーバーイーツなら好きなタイミングを選んで働くことが可能です。

一般的なアルバイトの場合は、数週間前までにシフトを組んでスケジュール調整を行うことが普通ですが、その必要が無いことがウーバーイーツの特徴といえます。想像していた以上に仕事が忙しく疲れているときは休む、反対に体力に余裕があるときは予定よりも長く働くなど、自分の都合で仕事を組み立てられる点も魅力的です。

ゲームのような感覚で仕事ができる

ウーバーイーツの仕事内容は、レストランからの配達リクエストを受け付けてピックアップに向かい、お客様の指定した住所まで届けるという作業を繰り返します。この際はスマートフォンの専用アプリを使用することになり、地図情報を頼りに移動しながら働くというのが基本的な流れです。

仕事である以上は真剣に取り組まなければなりませんが、作業の内容そのものはゲームのようでもあり、楽しみやすいこともメリットといえるでしょう。クエストにチャレンジしているような感覚で行える仕事は決して多くありませんから、ストイックに働くだけでは疲れてしまうという方にもおすすめです。

ペースを抑えれば気分転換をしながら仕事ができる

ウーバーイーツの仕事とどのように向き合うのか、そのスタンスは配達員次第で大きく異なっています。少しでも効率よく、たくさん働いて1円でも多く稼ぎたいという人がいれば、ペースを抑えてのんびり働きたいと考える人もいるのです。

後者の場合、時給換算では最低賃金を下回ってしまう可能性もありますが、その代わりに気分転換を兼ねて働けるというメリットがあります。

たとえば、配達の帰りにのんびりできそうな公園が見つかったら、配達で得た報酬を使ってのんびりしながらコーヒーを飲んでもよいでしょう。有名な観光スポットの近くを通ったら、その場所に立ち寄って遊んで帰ることもできるのです。

バイト先で一定時間拘束されるといったことも起こらない仕事なので、自分の時間を大切にしたいと考えている方にもおすすめできます。

ウーバーイーツで副業をすると本業の会社にバレる?

ウーバーイーツの配達員に興味を持った方が、次に気になるのが「副業が会社にバレてしまわないかどうか」という点でしょう。結論から言えば、ウーバーイーツで副業をしたことが会社にバレるということはなく、安心して働くことができます

その理由についてこの項目で詳しく解説しましょう。

ウーバーイーツの配達員は個人事業主として働くことになる

特に重要なポイントとして押さえておくべきなのは、ウーバーイーツの配達員はアルバイトのような非正規雇用の職員として直接採用されないという点です。ウーバーイーツの配達員は個人事業主として働くことになりますので、自分自身で確定申告を行い、事業所得や雑所得として申告を済ませなければなりません。

個人事業主の場合、この際の住民税の請求を自宅宛てに直接送付してもらうことができるため、副業をした事実が会社に伝わることがないのです。アルバイトなどの形で働くと、税務上の手続きの一環で、副業をしている会社から本業の会社に住民税の請求が届く可能性があります。

会社に副業がバレる最大の理由はここにあり、副業を禁止している企業に勤めている方の場合、何らかの処分を受ける恐れがあるのです。

会社にはバレなくても税務署にはバレる可能性が高い

こういった事情から、ウーバーイーツで副業をしていることが会社にバレることはありませんが、税務署にはバレる可能性が高いため注意しなければなりません。所得控除の範囲内であれば確定申告をする必要はありませんが、それを超過した収入があるにも関わらず無申告でいると脱税にあたります。

特にウーバーイーツは注目が集まりやすい仕事ですので、税務署からの関心も高く、申告漏れが指摘されるとペナルティが課せられるため注意しましょう。

ふるさと納税をすると副業がバレることがある

税金を少しでも浮かせるためのカギを握っているのが、副業をする上でかかる費用を必要経費として認めさせられるかどうかです。ウーバーイーツの副業の場合、以下のような項目でかかる費用に関しては、必要経費として計上できる可能性が高いことを覚えておきましょう。

・ガソリン代やメンテナンス代
・仕事中に使用したスマホ等による通信費
・仕事用に購入したバッグや洋服などの費用
・仕事中の事故に備えた保険加入費
・売り上げ記録を付けるために購入した文房具代

これらの会計にはすべて領収書が必要になりますので、受け取ったレシート類は忘れずに保管しておきましょう。

まとめ

ウーバーイーツの配達員を副業にすると、自分の都合のよい日時だけを選んで働けることや、気分転換を織り交ぜながら働けることがメリットになります。また、税務に関する書類をすべて自宅に送付してもらえば、ウーバーイーツで副業をしている事実が会社に伝わってバレることもありません。

副業に関連して購入したバッグや通信費などは必要経費に回せる可能性も高いため、領収書は必ず保管して確定申告に備えるとよいでしょう。