出前館のアルバイトの待機時間の過ごし方とは?時給制と歩合制でも違いがある!

配達袋を持った男性

出前館で配達のアルバイトをしようと考えている方は、以下の点について気になる方も多いのではないでしょうか。

「待機時間中も時給は発生するのか」

「待機時間中はどのようにして過ごせばよいのか」

本記事では、出前館のアルバイトにおける待機時間の過ごし方や待機時間中の時給の有無など、アルバイトを検討する前に知っておきたいことについて解説します。出前館のアルバイトに応募をする前に本記事を読んでおくと、待機時間についての疑問や不安を解消できるでしょう。

出前館のアルバイトにおける「待機時間」は次の配達までの時間のこと

出前館のアルバイトにおける「待機時間」とは、配達を完了してから次の配達依頼があるまでの待機時間のことを指します。出前館のアルバイトの仕事内容は、バイクや自転車で料理をお客様の元に届けることですが、時間帯によって配達の依頼が少なく何もできない時間が生じます。この時間が待機時間であり、待機時間の時給の有無や過ごし方は、直接雇用と業務委託で違いがあります。

直接雇用で働く場合、待機時間は休憩時間ではないため待機時間中も時給が発生します。そのため直接雇用で働く場合は、待機時間の過ごし方は拠点スタッフの指示に従うことが必要です。一方、業務委託で働く場合は時給が発生しない完全歩合制のため、待機時間は自由に過ごせます。

出前館で直接雇用(アルバイト)として働く場合の待機時間について

砂時計

出前館で働く際の雇用形態は、直接雇用(アルバイト)と業務委託の2種類があります。直接雇用で働く場合は、待機時間も業務時間に含まれるため、原則として拠点スタッフの指示に従う必要があります。

ここでは、出前館で直接雇用として働く場合の待機時間の過ごし方を具体的に解説します。

アルバイトの仕事の流れ

アルバイトの仕事の流れは、「拠点」と呼ばれる事務所に出勤し、貸与されるスマートフォンやポーチ、バイクもしくは電動自転車の鍵を受け取り、制服に着替えて注文が入るまで待機します。

配達依頼が入るとスマートフォンに通知が届くので、ナビゲーションの指示に従って依頼先の店舗に移動して料理を受け取ります。料理を受け取ったら、ナビゲーションの指示に従ってお客様に料理を届けます。配達が終わると次の依頼があるまで待機し、新たな配達依頼が入ると配達を行うことを繰り返すのが配達のアルバイトの流れです。

直接雇用(アルバイト)の場合の待機時間の過ごし方は拠点によって異なる

直接雇用のアルバイトの場合、待機時間の過ごし方は拠点によって異なります。拠点によっては、チラシのポスティングや宣伝のために街中をバイクや電動自転車で走行することを命じられる場合がある一方で、すぐに動きだせるように自由に過ごせる場合もあり、待機時間の過ごし方は拠点によってさまざまです。

いずれにしても、待機時間も業務時間に含まれるため拠点スタッフの指示に従わなければなりません。待機時間の過ごし方は重要事項なので面接の際に必ず確認しておきましょう。

待機時間中も時給は発生する

お札を数える女性の手

出前館の直接雇用(アルバイト)は時給制であり、待機時間中も時給は発生します。待機中に何もしなくても時給が発生することは出前館でアルバイトをする大きなメリットでしょう。

なお、時給が発生するのは直接雇用のアルバイトだけであり、業務委託の場合は時給が発生しないため注意が必要です。また直接雇用のアルバイトは時給制で歩合はつかないため、配達件数が多くても報酬が増えることはありませんが、待機中も時給が発生することにより、配達件数に関係なく毎月安定した収入が得られます。

待機する場所

待機する場所は、拠点や配達エリアの道路上、カフェやコンビニ、ファストフード店などさまざまです。出勤して最初の配達依頼があるまでは拠点で待機し、最初の配達を終えた後は配達エリアの道路上などで待機して次の配達依頼が入るのを待ちます。

いずれにしても、配達依頼が入ったらすぐに動けるように待機しておくことが大切です。なお、配達員の待機場所はスマートフォンのGPS機能で拠点スタッフが管理しており、配達エリア外で待機していても居場所は分かってしまうのでエリア内で待機するようにしましょう。

出前館で業務委託として働く場合の待機時間について

出前館で業務委託として働く場合、待機時間は直接雇用のアルバイトとは異なります。ここでは、出前館で業務委託として働く場合の待機時間について解説します。業務委託と直接雇用であるアルバイトの違いを理解して、自分に合っている働き方を選びましょう。

業務委託の仕事の流れ

自転車を漕ぐ配達員

業務委託の場合は拠点に出勤することは不要であり、配達員の専用アプリを起動するだけで業務を開始できます。配達依頼が入るとスマートフォンに通知が届き、決められた時間内に配達できるようであれば受諾します。

その後の流れは直接雇用のアルバイトと同様に、店舗まで移動して料理を受け取り、お客様に届けます。配達を終えると次の配達依頼があるまで待機して、同じことを繰り返すのが業務委託の仕事の流れです。

業務委託の場合の待機時間の過ごし方は自由

業務委託の場合、待機時間の過ごし方は自分の裁量で自由に決められます。直接雇用のアルバイトのように、拠点スタッフから待機時間の過ごし方を指示されることはなく、配達が完了したら、どのように過ごすかは自分次第です。

道路上で待機をしても自宅で待機をしてもよく、他のフードデリバリーの仕事を掛け持ちでする人もいます。もちろん拠点で待機することも可能であり、不明な点がある場合は常駐している拠点スタッフに質問をするなどして待機時間を過ごせます。

待機時間中に時給は発生しない

業務委託は完全歩合制のため待機時間中に時給が発生することはありません。一方、直接雇用であるアルバイトは待機時間中も時給が発生します。このような時給発生の有無が業務委託と直接雇用であるアルバイトの大きな違いです。

業務委託は稼働時間ではなく配達件数によって報酬が決まり、しっかりと稼ぐには配達件数を増やさなければなりません。配達しなければ稼ぐことはできず、待機時間の収入はないため注意が必要です。業務委託は配達すればするほど稼ぐことができ、配達件数によっては直接雇用のアルバイトよりも高収入が得られる可能性があります。

業務委託の場合は他のフードデリバリーとの掛け持ちが可能

業務委託の場合は、他のフードデリバリーとの掛け持ちが可能です。しっかりと稼ぎたい人や待機時間を有効活用したい人は、他のフードデリバリーとの掛け持ちをするとよいでしょう。

出前館の配達の仕事は、時間帯によって配達依頼が少なくなることがありますが、他のフードデリバリーとの掛け持ちをすることで、待機時間中も収入を得られる可能性があります。出前館以外のフードデリバリーには、Uber Eats(ウーバーイーツ ) やmenu(メニュー)、Wolt(ウォルト)などがあり、それぞれのサービスには違いがあります。

自分に適したフードデリバリーサービスを見つけて掛け持ちを検討するのもよいでしょう。詳細につきましてはこちらの記事をご参照ください。

【出前館・UberEats等】デリバリーサービス5社徹底比較!失敗しない選び方を紹介【配達員向け

待機する場所

テーブルの上に乗っているコーヒーカップ

業務委託の場合、待機する場所は基本的にはどこでも可能です。疲れた時は自宅に帰って休憩したり、カフェやファストフード店で休憩したりと待機場所は自由に決められます。業務委託であっても、直接雇用のアルバイトと同じように拠点で待機することもできるため、雨天の日などは拠点で待機すると雨宿りができます。

業務委託の場合、直接雇用のアルバイトのように拠点に出勤する必要はありませんが、待機時間を利用して拠点に行くと、拠点スタッフや他の配達員とコミュニケーションが図れます。

おすすめの待機の仕方

業務委託の場合、待機時間は収入がないため、待機時間が無駄にならないように工夫することが大切です。しっかりと稼ぎたい人は、他のデリバリーサービスの仕事と掛け持ちをすると、待機時間を無駄にすることなく収入を増やせます。

また自宅に帰ってクラウドソーシングやネットビジネスで副業をするなど、待機時間を活用して収入アップにつなげる方法はさまざまです。資格の取得を目指している人は待機時間を利用して受験勉強をするなど、自分に合ったやり方で待機時間を有効に活用しましょう。

出前館でアルバイトをする場合の待機時間の長さは?

出前館でアルバイトをする場合の待機時間の長さは、数秒や数十分などさまざまです。お昼の時間帯や夕方から夜にかけての時間帯は配達依頼が増えるため、待機時間は短くなる傾向があります。

配達が終わるとすぐに新しい配達依頼が入ることもあり、配達を繰り返すことで体力的にきついと感じることもあるでしょう。一方、14時頃から16時頃にかけての時間帯は配達依頼が減少するため、待機時間が長くなる傾向があります。

数十分程度にわたってゆっくりと休憩できることもあり、溜まった疲れを癒せます。なお、天候によっても待機時間は異なり、雨天の日はフードデリバリーの需要が高まることで晴れの日よりも待機時間が短くなることもあるでしょう。

出前館で働くなら業務委託とアルバイトのどちらがよい?

狭い道を自転車で通っている配達員

出前館での働き方は、業務委託と直接雇用のアルバイトのどちらかを選べます。どちらを選択した方がよいのかは、仕事に対して何を求めるかによって決まります。ここでは、出前館で働く場合、業務委託とアルバイトのどちらを選べばよいのかを解説します。

安定した収入を求める方はアルバイトがおすすめ

安定した収入を求めるのであれば、直接雇用のアルバイトがおすすめです。直接雇用のアルバイトは時給制であり、待機時間も時給が発生するため毎月安定した収入が得られます。待機時間も時給が発生することは直接雇用のアルバイトの大きなメリットです。

ただし、待機時間の過ごし方などは拠点スタッフの指示に従わなければならず、自由なワークスタイルでフレキシブルに働きたい人には向いていません。

フレキシブルに働きたい人は業務委託がおすすめ

自由なワークスタイルでフレキシブルに働きたい人は、直接雇用のアルバイトよりも業務委託の方がおすすめです。業務委託だと都合のよい時だけ働くことができ、待機時間の過ごし方なども自由に決められます。

収入に関しては完全歩合制であるため、時給制の直接雇用のアルバイトと比べると安定性は低いものの、努力と工夫次第で収入を増やすことが可能です。他のデリバリーサービスと掛け持ちをすることもでき、フレキシブルに働いて自助努力で収入を増やしたい人に業務委託は適しています。

まとめ

配達を受け取る女性

出前館の待機時間の過ごし方は、働き方によって異なります。直接雇用のアルバイトとして働く場合の待機時間は基本的に拠点スタッフの指示に従いますが、業務委託の場合は自由に過ごせます。

自由なワークスタイル、自助努力で収入を増やしたい人は、自分にあった働き方ができる業務委託での出前館ドライバー登録がおすすめです。なお、フードデリバリーのドライバー登録の選択肢は他にもあるので、詳細は下記の記事をご参照ください。

なお、出前館の登録はこちらからできます。