出前館の配達員は高校生でも働ける!アルバイトとして働くメリットや登録方法をご紹介!

笑顔でポーズをとっている赤い服を着た人

出前館は、国内で人気が高いフードデリバリーサービスです。出前館の配達員として、高校生でも働けるのか気になる人は多いでしょう。高校生がアルバイトを選ぶ際は、年齢制限がないか確認することが大切です。また、効率よく稼ぐには、待遇や時給も事前に確認する必要があります。

本記事では、高校生が出前館の配達員として働くメリットや応募方法について詳しく解説していきます。実際に出前館の配達員として働くアルバイトの声もご紹介しているので、気になる人はぜひ参考にしてください。

高校生でも出前館の配達員として働ける?

まずは、高校生でも出前館の配達員として働けるのかについて解説します。高校生が出前館の配達員として働く際には「年齢制限」がないか確認しましょう。

ここでは、アルバイトと業務委託の違いについても解説しているため、業務形態に関して詳しく知りたい人も参考にしてください。

高校生でも働くことが可能

出前館の配達員になる条件として「18歳以上」であることが求められます。18歳以上であれば高校生でも出前館の配達員に登録可能です。外国籍の人でも、就労ビザなどの身分証明書がある場合は働くことができます。

ただし高校生はアルバイトの扱いになり、業務委託の配達員として契約できません。支店によっては高校生不可の募集もあるため、アルバイトの求人ページをチェックしましょう。

アルバイトの求人ページはこちら

業務委託とアルバイトの違い

業務委託とは、個人事業主を指します。業務委託として働くメリットは、あらかじめ決められたシフトがなく、自分のペースで自由に働くことが可能です。なお、配達した件数に応じて報酬が変わります。ただし高校生の場合、18歳以上であっても業務委託として契約できません。そのため、業務委託の配達員として稼働したい場合は、高校を卒業してから検討しましょう。

アルバイトは、出前館から直接雇用され、シフト・時給制で働くことになります。

出前館の配達員としてアルバイトで働くメリット

笑顔で紙袋に入った食材を手渡す男性

ここでは、出前館の配達員としてアルバイトで働くメリットを紹介します。これから出前館の配達員として働きたいと考えている高校生は、事前にチェックしておきましょう。

働いた分だけ収入が得られる

アルバイトは時給単価制であるため、長時間働けば働くほど収入が得られます。そのため、配達件数に左右されないでしょう。出前館のアルバイトは時給1,000円以上の求人が多く、働いた時間分だけ稼げるため、やりがいを感じやすいといえます。

なお、シフトは「完全自己申告制」です。半月に一度、専用のアプリにシフトを入力します。シフトの融通が利きやすく、自分のペースで無理をせず働けるでしょう。例えば、テスト期間中や、学校行事などで忙しい時期には、短時間のシフトを提出できます。デリバリーのアルバイトは、学業を両立させたい高校生に適した仕事といえるでしょう。

制服・バッグ・スマートフォン・車両・保険の加入を完備

出前館では、制服・帽子・車両・配達バッグ・スマートフォンの貸し出しを行っており、自分で準備する必要がありません。そのため、初期費用がかからず、すぐに仕事を始められます。

支給される自転車には、電動アシスト機能が搭載されています。バイクは屋根が付いているため、日除け対策ができるほか、雨や雪で濡れる心配がないでしょう。なお、出前館ではレインコートの貸し出しも行っています。

また、企業側で社会保険を完備しているため、自身で加入する必要がありません。業務中に事故を引き起こした場合は、企業が負担してくれます。

道を覚える負担が少ない

出前館ではエリア担当制を採用しているため、配達範囲は片道25分以内(半径4km程度)に定められています。配達件数は1時間あたり1〜2件であることから、長時間の運転がなく体への負担が少ないでしょう。

業務中は、ナビゲーション用のスマートフォンが支給されるため、配達中に道に迷う可能性が低くなります。配達エリアが限定されていることから、道を覚えるのが苦手な人でも気軽にアルバイトを始められるでしょう。そのため、配達員のアルバイトが初めての人でも安心して働けます。

また、サポート体制が充実している点もメリットといえるでしょう。稼働前のオリエンテーションで、交通ルールの説明や原付バイクの運転に関する講習を受けられます。自動車の免許は取得しているが、原付バイクを運転したことがない人でも問題なく仕事を始められるでしょう。

出前館の配達員として働くアルバイトの声

タブレットと段ボールを持っている赤い服の男性

ここからは、出前館の配達員として働いているアルバイトの声をご紹介します。実際に働いている人の話を参考にすると、仕事内容や職場の雰囲気がイメージしやすいでしょう。出前館のアルバイトの魅力を知りたい人は、ぜひチェックしてください。

出前館で働く魅力は?

出前館で働く魅力の1つとして、自宅近くで気軽に働ける点が挙げられるでしょう。実際に、学生生活に合わせて自由にシフトを組めることが便利だという学生アルバイトの声があります。例えば、学校が長期休みの時期には長時間働くことや授業が忙しい時期には短時間働くことが可能です。なお、授業が終わった後に働くデリバリースタッフもいます。

出前館では学生からシニアまで、幅広い年齢の人が働いています。アルバイトや副業だけでなく、本業として働いている人もいるため、世代が違う人とのコミュニケーションを通じて、さまざまな知見が得られるでしょう。他の社員やアルバイトと良好な関係性を構築することで、お互いに助け合いながら仕事が行えます。

また、お客様から「ありがとう」と感謝されるときに、大きなやりがいを感じるという声も挙がっています。出前館のアルバイトを始めたばかりの頃は、不安を感じることも多いでしょう。フードデリバリーサービスは人と関わる仕事であるため、配達を通じてお客様の喜ぶ顔が見られると「出前館で働いてよかった」と感じるようです。

出前館のアルバイトはきつい?

出前館の配達員のアルバイトは、きついと感じることは少ないようです。しかし、悪天候の配達は、きついと感じるという声が寄せられています。なお、激しい雨が降ると、料理が入ったバッグが濡れやすくなるため、気を遣いながら配達を行う必要があるでしょう。悪天候の日は依頼件数が増えるため、忙しくなることが予想されます。

出前館のアルバイトは時給制であることから、悪天候で依頼がなかったとしても時給が発生します。注文数に左右されず、働いた時間分だけ稼げる点が強みといえるでしょう。

エリアによっては「雨の日ボーナス」を実施している支店もあり、収入アップが期待できます。

出前館の配達員に高校生が登録する方法

スマホを持ちながらキーボードで入力している男性の手

ここでは、出前館の配達員に高校生が登録する方法を紹介します。登録する際は必要なものや、登録の流れを確認したうえで応募しましょう。

出前館の配達員の登録に必要なもの

出前館の配達員に登録する際に必要なものは、以下の通りです。

  • 身分証明書…運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど
  • 銀行口座の情報…通帳や口座のカード
  • 任意保険証…自動車・バイクはもちろん、自転車で配達する場合も必要
  • 就労ビザ…外国籍である場合のみ必要

身分証明書は、顔写真付きを用意しましょう。自動車やバイクで配達する場合、運転免許証・自動車損害賠償責任保険証明書・事業用ナンバーの画像もしくは、登録証明書も必要です。

出前館への登録方法

出前館への登録は、以下の流れに沿って進めていきます。

①出前館のデリバリースタッフの求人を探す

まずは出前館のアルバイト募集ページにて、デリバリースタッフの求人を探します。都道府県を選択できるほか、「駅近」や「自転車OK」などの細かい条件を指定可能です。支店によって条件が異なるため、自分に合った求人を探しましょう。

②応募フォームに必要事項を入力する

応募フォームに名前・生年月日・電話番号・メールアドレスを入力します。出前館が定める個人情報保護方針に同意し、入力内容を確認したら応募完了です。応募完了後に担当者からショートメッセージが届くため、希望する面接日程を選択しましょう。

③面接を行う

指定された場所もしくは、電話にて面接が行われます。食品を取り扱う仕事であるため、清潔感のある服装で臨みましょう。なお、面接時に履歴書は不要です。

④面接結果により採用が決まればアルバイトとして勤務可能

採用の連絡が届いたら、出前館のアルバイトとして配達員の仕事を開始できます。

出前館のアルバイト登録フォームはこちら

まとめ

今回は、出前館の配達員として高校生が働くメリットや、登録方法などを解説しました。高校生でも18歳以上であれば、アルバイト雇用で働くことが可能です。なお、外国籍の人でも、就労ビザなどの身分証明書があれば働けます。

出前館の配達員として高校生が働くメリットは、自身の予定に合わせて、シフトを調整しやすいことです。そのため、勉強や学校行事を優先しながら安心して働けるでしょう。

配達員のアルバイトとして働きたいと考えている高校生は、年齢制限や登録時に必要なものを事前に確認することが大切です。アルバイトとして働くことを検討している高校生は、以下の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。