Woltが実施する適正テストとは?出題傾向や難易度を紹介!

チェックシート

Woltの配達パートナーとして働くためには、適性テストに合格する必要があります。SNSで適正テストに関する内容を目にしたことがある人も多いでしょう。

適正テストに落ちた場合は、二度と配達パートナーとして登録することができません。また、合格・採用後も稼働状況に問題があると再講習と再テストが行われます。

そこで本記事では、Wolt適正テストの内容や難易度、不合格になった場合の対処法などについて詳しく解説します。

Wolt配達パートナーの適正テストとは?

Woltでは、配達員として採用する前に「適性テスト」を実施しています。他のフードデリバリーサービスでは、簡単な登録手続きだけで働くことができますが、Woltは適正テストに合格しない限り配達パートナーとして働けません。

適正テストは、Googleフォームを使ってオンラインで行われます。Woltから送られてくるメールに記載されたリンクをクリックして回答するだけであるため、受験方法は簡単といえるでしょう。試験の開始時間もとくに決められていないため、自分のタイミングで受験することができます。

適正テストの設問は全部で30問あります。回答に要する時間は人によって異なりますが、全問を終えるまでに最低でも15分前後はかかると思っておいたほうがよいでしょう。15分程度で終わるといっても重要な適性試験であるため、時間に余裕がある日を選んで、受けることがおすすめです。

解答形式の大半は3~4択の問題ですが、◯✕で解答を選択するタイプや記述式の問題もあります。すべてのテストが完了すると「スコアを表示する」というボタンが表示されるため、表示されたボタンをクリックして採点結果を確認しましょう。

Wolt配達パートナー適正テストに合格できないとどうなる?

PCでチェックシートを行う人

先述した通り、Woltの適正テストに落ちた場合は、配達パートナーとして働くことができません。以下では、適正テストに合格できなかった場合にどうなるのかを詳しく解説します。

配達パートナーに登録できない

Woltは配達員の質を重視しているため、「適正テストの不合格者は採用しない」という厳しい基準を設けています。

適正テストでは一般常識だけでなく、配達中に問題が発生した際の判断力もチェックされると思ったほうがよいでしょう。Woltは「おもてなし」も大切にしているため、交通ルールや配達時間を守るといった基本的なことだけではなく、丁寧に接客できる配達員を採用したいことから、適正テストを実施していると考えられます。

適正テストは再試験できない

Woltの適正テストの機会は、1人につき1回限りとなります。つまり、適正テストに落ちた場合は、二度とWoltの配達員として働くチャンスが訪れません。

適正テストに不合格だったとしても、再登録をすればよいと思う人もいるかもしれませんが、「適正テストを何度も受けて対策を考えながら合格を目指す」という方法は通用しないため注意しましょう。

Woltの配達員として働きたいのであれば、試験の傾向や合格ラインを事前に確認したうえで受験することが重要になります。

Wolt配達パートナー適正テストの及第点

Wolt 適正テストで出題されるのは30問ですが、合格するためには30問中27問以上正解する必要があります。記述式の問題もあるため、記述の内容が不十分だと不合格になる恐れがあるでしょう。ケアレスミスがないように丁寧に解答することが大切です。

合格ラインの基準が高いWoltの適正テストは、難度が高く感じられますが、落ち着いて考えれば答えられるような問題が大半であるため、うっかりミスを防ぎながら適切に解答しましょう。記述式の問題は解答内容が伝わるように、わかりやすく書くことが大切です。

Wolt 適正テストには制限時間がないため、慌てて答える必要はありません。時間をかけて30問中27問以上の正解を目指してください。

Wolt配達パートナー適正テストの出題傾向と難易度

チェックシートを確認する人

Wolt適正テスト前に、出題傾向と難易度をチェックしておくことで、解答中に戸惑うことも少なくなります。以下では、出題傾向や難易度についてそれぞれ詳しく解説します。

出題されるジャンルは主に3種類

Wolt適正テストの出題内容は、主に3つのジャンルに分けられます。

1.一般的な交通ルール

交通違反となるケースや歩行者専用時間帯の確認方法といった基本的な内容が出題されます。配達員としてだけではなく、日常的な自転車の使用でも最低限必要な知識であるため、とくに難しい内容ではありません。

2.Wolt配達員の仕組みと報酬

Woltの概要や配達員の役割、報酬制度などに関する問題です。適正テストの前に実施される動画研修の内容を理解しておくことで難なく答えられるでしょう。

3.配達中に問題が発生した場合の対処方法

問題発生時の対処法を問われます。動画研修の内容を理解しておけば、無理なく解答できるはずです。

難度はそれほど高くない

Woltの配達ルールや報酬制度など事前に把握しておくべき内容は多いですが、難度はそれほど高くありません。ただし、引っ掛け問題や紛らわしい問題があるため、出題内容をじっくり読んで、落ち着いて解答するようにしましょう。

出題問題の中でも、自分で文章を考えて記述するタイプの問題は「日本語としてしっかりと成立しているか」「相手に意図した内容が伝わるか」などをチェックしてください。配達時に問題が発生した際の伝達能力を記述の内容から判断される可能性があります。

解答内容がわかりにくければ、「問題が発生したときに状況をうまく伝えられない」と判断される恐れもあるため注意が必要です。

Wolt配達パートナー適正テストの流れ

カレンダーとボールペン

Wolt適正テストは1回限りであるため、十分に準備したうえで受験したいと考える人もいるのではないでしょうか。ここからは、登録までの流れについて解説します。

・受験の流れ

1.公式ページから登録する

まずは、配達員登録公式ページの「登録」をクリックしてWoltア⁠カ⁠ウ⁠ン⁠ト⁠を作⁠成⁠します。すでにWoltでアカウントを持っている場合は「ログイン」を選択してください。

2.説明会に参加する

数日後に説明会の予約に必要なメールが届くため、希望する日程を選択して説明会に参加しましょう。説明会はZoomを使ったオンラインで、1時間ほど行われます。説明会の内容が適正テストに出題されるため、メモを取りながらしっかり聞くようにしましょう。なお、登録希望者が多いエリアでは、公式ページでの登録から説明会の参加まで1ヶ月ほどかかることもあります。

3.適正テストを受験する

説明会が終わったら適正テストの受験となります。ただし、説明会の当日に受験するわけではありません。自分のタイミングで受験できるため、時間に余裕のある日に受験することをおすすめします。

4.正式に登録手続きをする

適正テストに合格すると、配達パートナーとして登録するためのメールが届きます。メールの内容に従って必要書類のアップロードや必要項目の入力を行いましょう。

5.業務委託契約書にサインする

登録完了後に業務委託契約書が自動配信されるので、内容を確認したうえでサインします。契約書の締結はオンラインで完結するため、事務所に出向く必要はありません。

6.教育動画を視聴する

配達アプリの使い方や配達時のマナーに関する動画を視聴します。

7.配達開始

配達バッグやスマホホルダーなどを受け取ってアカウントを有効化することで、配達員として稼働できるようになります。

Wolt配達パートナー適正テストに合格する方法

Wolt適正テストに合格するには、下記4つのポイントを押さえておく必要があります。

  • 説明会間内容をしっかりと聞く
  • 説明会を終えたらすぐに受験する
  • 事前に試験に関する情報をチェックしておく
  • 一般的な交通ルールを確認しておく

それぞれ詳しく解説します。

説明会の内容をしっかりと聞く

適正テストの出題内容の大半は、説明会で聞く内容です。説明会は1時間ほど実施されるため退屈かもしれませんが、内容を理解していなければ適正テストに合格することはできません。そのため、話を聞くだけではなく、説明会の内容をメモして見返せるようにしておきましょう。

なお、説明会で「◯時」や「◯回」などのように数字が出てくる箇所は出題されやすい傾向にあります。説明会ではさまざまな数字が出てくるため、混同しないようにメモを取って整理しておきましょう。

説明会を終えたらすぐに受験する

適正テストの受験に関するメールは、説明会終了後すぐに届くため、メールを受信したらその場で受験することをおすすめします。

出題内容の大半は説明会の内容であるため、記憶に残っている状態で受験したほうが有利といえます。メモを取っていたとしても、説明会が終わってから時間が経つと記憶がぼやけてしまう可能性があります。

事前に試験に関する情報をチェックしておく

説明会の最後には質問時間も設けられますが、基本的には用意されたスライドに沿って話を聞くことになります。そのため、予備知識がなければ、話の内容に理解が追いつかなくなる可能性があるでしょう。説明会の内容をスムーズに理解するためにも、事前にWolt配達員に関する情報をネットやSNSを活用して収集しておきましょう。

説明会が終わった後に情報を収集するという方法もありますが、ネットには古い情報や誤った情報も多いため誤った情報が記憶として定着する恐れがあります。ネットの情報は予備知識として活用し、説明会で最新情報を確認することが効果的な方法といえるでしょう。

一般的な交通ルールを確認しておく

Woltの適正テストでは、一般的な交通ルールに関する内容も出題されます。基本的な交通ルールの問題で1点でも落とすと合格が厳しくなるため、最低でも普段から目にする道路標識と意味は、事前に理解しておきましょう。普段から目にしている標識でも、意味を聞かれると正しく答えられなくなるケースは珍しくありません。

なお、適正テストの内容は使用する車両が自転車・バイク・軽貨物車両を問わず同じであると考えられます。自転車で配達する場合でも自動車やバイクの交通ルールについて勉強しておくことが必要です。

適正テストが不合格だった場合の対処法や合格後の注意点 

頭を抱える男性

先述した通り、適正テストに合格できなかった場合、再受験することはできません。そこで、以下では、Wolt配達パートナーの適正テストに合格できなかった場合の対処法について解説します。

また、適正テストに合格した後に再受験が必要なケースもあるため、合格しても満足せず、再受験にならないように注意しましょう。

落ちた場合は他のデリバリーサービス配達員に登録する

不合格になった場合、フードデリバリーの配達員として働きたいのであれば、他社サービスに登録する必要があります。

Wolt以外にもさまざまなフードデリバリーサービスはありますが、中でも出前館の業務委託配達パートナーは単価が高く稼ぎやすいのでおすすめです。ブーストの倍率も高く、過去には最大2.0倍ブーストがついたケースもあります。

Woltの他にも、条件のよいフードデリバリーサービスはいくつか存在するため、出前館などのフードデリバリーサービスの登録を検討してみましょう。

登録後も再試験の可能性がある

適正テストに合格すれば配達パートナーとして働けるようになりますが、配達ミスを繰り返していると再講習のメールが届くこともあります。再講習後にはテストが用意されており、合格しなかった場合はアカウント停止となります。指定された期間内に再講習を受けなかった場合もアカウント停止になるため注意しましょう。

再テストの内容は登録時の適正テスト同様ですが、配達パートナーの質を維持する目的があります。

まとめ

Wolt適正テストの難度は、一般常識であるためそれほど高くありません。今回ご紹介した出題傾向や対策方法をチェックしておけば、合格になる可能性を上げることができます。ただし、適正テストに合格して採用されても、配達ミスなどのトラブルを繰り返すと再講習・再試験になるので注意してください。

不合格になってしまった場合は、他のフードデリバリーサービスへの登録を検討しましょう。不合格になったからと落ち込まず、フードデリバリーサービスは多数存在しているため、自分に合ったサービスを探してみるのもおすすめです。