宅配寿司店の仕事内容はコレ!面接対策や給料の目安も解説します

多くの日本人にとって欠かすことができず、ご馳走の定番として思い浮かべることが多い食べ物といえば「お寿司」ですよね。フードデリバリーという業界においても、お寿司は非常に人気が高く、多くの専門店がサービスの提供を行っています。 宅配寿司店で働いてみたいという希望を持つ方も多いはずですが、勤務が決まるとどのような仕事を割り当てられるのでしょうか?この記事では、気になる宅配寿司店での仕事内容を徹底解説することに加えて、面接対策や給料の目安についてもご紹介します。

宅配寿司店の仕事内容は宅配とキッチンの2種類

宅配寿司店で勤務することが決まると、宅配(デリバリー)かキッチン(調理等)のいずれかを任されることになります。まずはそれぞれがどういった仕事内容なのか、項目別に詳しく解説しましょう。

宅配(デリバリー)の仕事内容

宅配寿司店で宅配(デリバリー)を任された場合、仕事内容は単純明快で、注文を受けた商品をバイクに乗せて、指定された住所まで配達するという内容になります。お寿司は崩れやすい料理でもあるので、少しでも効率的かつ素早く運転する技術に加えて、バイクを揺らさずに運転する技術も求められることが特徴的です。 基本的には、お寿司が出来上がるのを待って宅配するという作業を繰り返しますが、時期や時間帯によっては注文が途切れることがあります。そういった時間帯は、バイクの点検を行ったり、配達区域内へチラシ配り(ポスティング)に出かけたりといった作業を担当する場合があることも知っておきましょう。 最近では使い捨て容器を使用するお店が増えましたが、昔ながらの桶にお寿司を入れて配達する機会も少なくありません。お客様は使い終わった寿司桶を自宅の外などに置いていますから、これを回収しに行くことも宅配スタッフの作業のひとつです。

キッチン(調理等)の仕事内容

キッチンを担当するスタッフが任されるのは、簡単な調理や清掃、お客様からの電話やネット注文の確認と対応といった作業です。シャリを用意するためにご飯を炊いたり、マニュアルに沿って合わせ酢を作ったり、ネタの仕込みをしたりといった作業が中心になります。 お寿司を作るというと難しそうな印象を抱きがちですが、大手の場合はシャリを機械で作ることが一般的で、ご飯にネタを乗せるだけの状態になっていることもあります。茶碗蒸しやスイーツなどのサイドメニューも大半が温めるだけ・解凍するだけの状態で、料理が苦手な人でも問題なく働くことが可能です。 宅配寿司店の場合、店頭でお客様に商品の受け渡しをする機会はまずありませんから、店内を掃除する範囲も限られています。キッチン内の簡単な清掃や、回収されてきた寿司桶を洗う作業といった、バイト初日からでも馴染みやすい作業を任されることが普通です。

宅配寿司店でバイトするメリット・デメリット

宅配寿司店でバイトをする際のメリットとデメリットの双方をご紹介します。いざ働いてみると意外な魅力を感じられる機会がある一方で、期待どおりの仕事ができない可能性もありますから、事前に詳細をチェックしておきましょう。

宅配寿司店でバイトするメリット

宅配の場合はお寿司を届けて支払いを担当するだけであり、キッチンも仕事内容がシンプルであるため、比較的かんたんに働けることがメリットです。シフトを任されている間は常にバイクを運転できる可能性もあり、バイクが趣味という方にとっては特に魅力的な仕事といえるでしょう。 社割を適用できる店舗であれば、お寿司を割安で食べることもできますし、お客様次第ではチップを受け取れることもあります。どちらかといえば宅配スタッフが旨味を感じられる仕事で、趣味とバイトを兼ねられる点も特徴のひとつです。

宅配寿司店でバイトするデメリット

反対にデメリットとして挙げなければならないのは、天候の影響を受けやすいことで、特にドライバーは悪天候の日に苦労することになります。荒天で外に出る気がしない日に注文が増える可能性が高い仕事でもありますから、雨の日や大型連休、年末年始に休みにくいことも知っておかなければなりません。 また、ネタの種類やそれぞれの仕込み方、サイドメニューの種類と調理法など、意外にも覚えなければならないことがたくさんあります。ドライバーにとっても例外ではなく、土地勘のないエリアで働くことになった場合、道に迷ってお客様を待たせてしまうリスクがある点には要注意です。

宅配寿司店のバイトに採用されるためのコツと給料事情を徹底解説

宅配寿司店で働くためには、求人情報サイトや求人情報誌などからバイトを募集するお店を見つけて応募する必要があります。その際にバイトとして採用されるためのコツや注意点、そして給料事情について、この項目に詳しくまとめました。

清潔感のある身だしなみで面接を受ける

宅配寿司店の調理場はお客様から見えにくい場所にありますが、生ものを扱う現場ですから、衛生を維持することにかけてはすべてのスタッフが気を使っています。そのため、面接を受ける際は清潔感のある身だしなみを整えることが鉄則です。 男性の場合はひげを剃っておく、女性の場合は派手なネイルを避けて髪の毛を結んでおくなどの対策をしてから面接に向かいましょう。

面接ではやる気をアピールする

面接をパスするためのコツは、ズバリやる気を前面に出してアピールすることです。特に宅配スタッフを募集している店舗の場合、土日祝日や夜間のシフトに対応できる人物が求められています。 そういったタイミングでも問題なく働けることを伝えれば、採用される確率は上昇します。

希望する職種を明確に伝える

前述したように、宅配寿司店の仕事内容は宅配とキッチンの2種類に分かれていて、面接の際に自分自身の希望を伝えることができます。ここで態度を曖昧にさせていると、バイクを運転するバイトがしたいと思っていたのに、キッチンに配属される可能性もあるため要注意です。 なお、バイクの免許を取得していたとしても、運転歴がほとんどない方や免許を取り立ての方は、ドライバーとしての採用を見送られる可能性があります。これは事故等のリスクを避けるためのお店側の対策で、目安として半年以上・1年以上といった単位の運転歴を求められる場合がある点にも要注意です。

時給は首都圏なら1,000円前後が目安

宅配寿司店でバイトをする場合の時給の目安は、首都圏なら1,000円前後、それ以外の地域なら850~900円前後と考えましょう。担当する業務によって時給が異なることが一般的であり、基本的には宅配スタッフのほうがキッチンスタッフよりも100円前後高い時給を受け取れます。 バイクはお店側が用意していますから、自分自身で用意する必要もなければ、ガソリン代もお店側の負担で働くことが可能です。

まとめ

フードデリバリーの定番である宅配寿司店でバイトをする際は、宅配(ドライバー)かキッチン(調理等)の仕事を任されます。メリットとしては仕事内容がシンプルであること、デメリットとしては悪天候や年末年始などのタイミングでも働く必要が生じるという点です。 特にバイクを運転できるバイトに就きたいと考えている方にとって、メリットを多く感じられる仕事になります。ただし免許取り立てなどの場合はドライバーとして採用されない可能性もありますので、出前館ウーバーイーツなどで働くことも選択肢に加えるとよいでしょう。